おうちで死にたい~訪問看護の現場から~【2-1】

ママナースもも子』でお馴染みの広田奈都美さんが描く、訪問看護師マンガ。

月刊誌『フォアミセス』より特別転載でお届けします!

 

 

回想シーン。「睦美!!なーにクヨクヨ泣いてんの。好物の唐揚げ揚げたよ、これ食べて元気だしな!!」と、元気なお母さん。睦美のお母さんは下町のおばちゃんで、お父さんが亡くなってから昼も夜もパートで働き母1人娘1人の生活を支えてきました。夜も居酒屋へ働きに出かけるお母さんを見送りながら、幼い睦美は淋しくて泣いています。場面は変わり、仕事から帰ってきたお母さんがふすまをそっと開けると…

 

 

睦美は、がばっと布団をめくり「お母さん!!お帰りっ」と嬉しそう。「まだ起きて待ってたの?」とあきれ気味のお母さんに飛付くと、お母さんからは天ぷら油の匂い。…そのお母さんが、65歳で癌になりました。恰幅のよかったお母さんはみるみる痩せていき、とうとう医師から余命半年を先刻されます。

 

 

 

「おうちに、帰りたい…」そういった自分の母を、困った表情で見つめる、大人になった睦美。

 

 

車で内田家の訪問看護に向かう、花と馬淵先輩。馬渕先輩は花に、内田さんは緩和病棟での治療も考えたけれど、ご本人の希望で家で娘さん1人で介護されている旨を説明します。「でも、どうやらまだ娘さんの受容ができてないようで…」と言う馬渕先輩と、『受容…?』と首をかしげる花。自宅で療養している方のところに行き看護を行う訪問看護師の2人ですが、新人ナースの花はとまどうことばかりです。その頃、内田家では、せっかく作ったおかゆをほとんど食べない母に睦美が文句を言っています。

 

 

花と馬淵先輩が内田家に到着。睦美は2人に「お母さん全然食べなくて…食べないと元に戻らないよって言ってるんだけど…」とこぼします。それを聞いて驚く花。『元に…戻る?末期だよね…』と思います。一方、馬渕先輩は「食べれない時は栄養補給ドリンクを飲めばいいんですよ」と、睦美のお母さんに好きな味を聞いています。

 

 

3人を残して、睦美は仕事に出かけます。自分の世話もあるから、あの子には無理させちゃってると花に言う睦美のお母さん。帰りの車内で、花は「娘さんもうちょっと優しくなれないですかねー」と発言し、馬渕先輩に睨まれます。馬渕先輩は、「たった1人の身内が亡くなるって、どんな気持ちだと思う?」と花に問いかけました。

 

 

はっとした表情になる花。母1人娘1人でずっと暮らしてきた内田家。娘の睦美は結婚しておらず、お互い唯一の身内です。「死が受け入れられないんですね…」と気づく花。「でも…死期が迫っている」と言う花に、馬渕先輩も「…うん」と返しました。場面は内田家に変わり、母がこのままいなくなるのかと不安で眠れない睦美。

 

 

2年前の発覚時、「癌なんて今は治る人いっぱいいんのよ」と笑っていた強い母。睦美は「そうよ…治った人はたくさんいる…」と考えますが、隣で寝ていた睦美のお母さんが、痛みで呻きはじめます。痛み止めを飲むか聞いても「そんなの飲んだって効かないよ…」とお母さんは答えます。困る睦美。後日、内田家を訪問中の花と馬渕先輩は、以前より痛みが強そうなので、お医者さんに言って強い薬に替えてもらいましょうと提案します。しかし、「強い薬って麻薬でしょう?それよりこの水癌に効くっていうので買ったんです」と睦美が答えます。睦美の手には、『命の黄金水』と書かれた怪しげな水が…

 

 

1本1万円するという水や怪しげなグッズを購入し、これで治って元気になるから薬は今のままでいいと言う睦美に、花は「まずいよまずいよ…」と焦ります。訪問看護ステーション内でも「娘さんがお母さんの病気を受け入れられる援助が必要よね…」と話合われる中、「ええ…でも…病気の知識がないとか…理解力がないとか、そういう話ではないんだと思います」と話す馬渕先輩。

 

 

 

(ただ、ただ、怖い。)お母さんになんとか薬を飲ませようとする睦美の姿が映ります。「内田さん御本人は、娘さんへの気遣いでなんとか踏ん張っています…でも」と馬渕先輩は続けます。内田家には、薬を飲まない母に、一緒にいられる時間がないと焦り、途方に暮れる睦美がいました。

 

末期がんと分かっていてもなお、母の回復を望まずにはいられない睦美。

馬淵と花は、医療者として、何ができるのか…!?

【2】へ続く

 

 

 

◆『おうちで死にたい』は月刊『フォアミセス』で連載中です

フォアミセスへのリンク

 

☆『おうちで死にたい』単行本発売☆

月間『フォアミセス』で連載中の『おうちで死にたい』の単行本は絶賛発売中!

看護roo!での試し読みはこちらから

 Amazonで購入する 

 

【著者プロフィール】

広田奈都美(ひろた・なつみ) HP

漫画家・看護師。某地方総合病院にて勤務後、漫画家としてデビュー。著書は「僕達のアンナ」(集英社)、「お兄ちゃんがコンプレックス」、「ママの味・芝田里枝の魔法のおかわりレシピ」(秋田書店)他。

SNSシェア

コメント

0/100

マンガトップへ

掲示板でいま話題

他の話題を見る

アンケート受付中

他の本音アンケートを見る

今日の看護クイズ

本日の問題

◆看護技術の問題◆創傷処置について、以下の説明で正しいものはどれでしょうか?

  1. 創部洗浄に使う水は、滅菌蒸留水でなければならない。
  2. 創部洗浄に使う水は、冷蔵庫で冷やされたものを使用する。
  3. フィルムドレッシング剤を使用する場合は、周囲の水分を除去してから貼付する。
  4. フィルムドレッシング剤は、毎日必ず交換する。

4650人が挑戦!

解答してポイントをGET

ナースの給料明細

8093人の年収・手当公開中!

給料明細を検索