あの頃の私(3)~新人さんに捧げる長編|マンガ・ぴんとこなーす【35】

ナスさんが語る、新人時代の第3話。(▶1話2話

今も忘れられない、初めての急変。
「向いてない」と落ち込む日々の中で先輩にかけられた言葉とは・・・?

 

どんなにつらくても続けていくうちに気づけることもありました。「○○さん、少し様子がいつもと違う気がして…」とナスさんが先輩に報告。結局状態が急変して就職して初めての急変対応、緊急手術の用意となりました。ナスさんは初めてだらけで、すべて先輩に指示を出してもらって対応しました。

緊張と疲れでネガティブになって、やっぱり向いてないのかな…と悩んでいたら、先輩がやってきて「ちょっとナスさん」と声をかけてきました。「すいませんっ!」と謝ったナスさんに、先輩は「何謝ってんの?なんかあったの?」と言ってきて。「何言ってんの、急変したのはナスさんのせいじゃないでしょ。給じぇん対応初めてで、できなくて当たり前よ。それより…」

先輩はナスさんに言います。「異常を発見して報告できたこと!ナイスだったわ!なんか変って、私に報告できたことがグッドだったのよ。」「状態がいつもと違う、それが怖いって思えることが、看護師にはとても大事なことなの!だから今日のあなたの行動は合格よ!」

「自信持ちなさい、ずいぶん成長できてるのよ」普段きついことばかり言われるけど、それだけこの人は私のこと見てくれてるんだなぁ。こんな言葉で嬉しくなっちゃう自分はすごくちょろいと思うけど、「出来た」って認めてもらえたことがすごく嬉しくて、成長できてるって実感できて…。辞めたくて仕方ないのに、まだ少し続けてみようかなって気持ちになる。ああいう看護師になりたいって思ってしまう。やっぱすごいな…先輩

あれから十数年。私も当時の先輩の年齢を追い抜きました。ああ先輩、あなたはどうしてあんなに何でもできたんですか?それとも先輩もウラでこっそり調べていたのですか?あの頃の先輩の年齢に追いついても近づけた気がまるでしません。そして未だに思います。先輩、助けてくださいと…

あの頃の私~新人さんに捧げる長編(完)

 


【著者プロフィール】

ぷろぺら(@puropera44

現役で病棟看護師やってます
ぴんとこなーすをどうぞよろしくお願いします!

Twitter[https://twitter.com/puropera44

 

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでます

落ち込んだ心を救ってくれたあの人の一言|看護師の本音アンケート

この記事をシェアしよう

コメント

0/100

マンガトップへ

掲示板でいま話題

他の話題を見る

アンケート受付中

他の本音アンケートを見る

今日の看護クイズ

本日の問題

◆透析看護の問題◆血液透析を受けている患者さんの食事指導で正しいものはどれでしょうか?

  1. 乳製品や骨ごと食べる小魚を積極的に取るように勧める。
  2. 生野菜を多く取るよう勧める。
  3. 野菜や豆の煮汁を使う調理を勧める。
  4. ごはんやパンなど主食を意識して取ってもらうよう勧める。

7714人が挑戦!

解答してポイントをGET

ナースの給料明細

8070人の年収・手当公開中!

給料明細を検索