終末期のとりかえしのつかない過ち|病院珍百景

「もう二度と繰り返さない」。ナースの胸に刻まれます。

終末期のとりかえしのつかない過ち

ナースは時にくりかえしのつかない過ちを犯すことがある…

新人時代にターミナル(終末期)の方を受け持った

新人だった私を可愛がってくれた優しい患者さん

その患者さんの容態が徐々に悪化し、昏睡状態に

私は患者さんの意識がないことで油断してしまいました

先輩と一緒にその患者さんを清拭中。先輩「全介護はきついね~」私「ですね~」

患者さんの体を拭きながら。苦労話をしてしまう私。

先輩は「そりゃ災難だったね~」と相槌をうった

患者さんの悲しい表情に気づく私。

“聴覚は残るって学んでいたのになんてことしちゃったんだろう…”後悔の念が押し寄せてきました

謝ることもできないまま、数日後に患者さんは亡くなりました

空いたベッドの前に立ち尽くし、一人つぶやく「…ごめんなさい」


【著者】とげとげ。

 元看護師のイラストレーター。有名女性誌などで幅広く活躍しながら、2児の母としても絶賛奮闘中。

子育てエッセイマンガブログ『ママまっしぐら!』

http://www.togetoge.net/

SNSシェア

コメント

0/100

マンガトップへ

掲示板でいま話題

他の話題を見る

アンケート受付中

他の本音アンケートを見る

今日の看護クイズ

本日の問題

◆看護技術の問題◆右手背から点滴をしている患者さんの寝衣交換時の看護で正しいのは、次のうちどれでしょうか?

  1. 点滴ルートを外して寝衣交換を行う。
  2. 点滴ルートが抜けないように、看護師がすべて行う。
  3. 点滴の滴下は中止せずに寝衣交換を行う。
  4. 左袖から脱がせ、右袖から着せる。

10266人が挑戦!

解答してポイントをGET

ナースの給料明細

8100人の年収・手当公開中!

給料明細を検索