産科医の経験がなせるワザ|病院珍百景

とげとげ。さんが出産時に出会ったベテラン先生。

ベテランたるゆえんは観察ポイントにもありました。

 

産科医の経験がなせるワザ

都市伝説のようにたまに聞く「病院に間に合わず家で出産」

というのを、二人目の出産の時にうっかりしてしまった

救急車で病院へ行き

幸い母子ともに元気。

ベテランの医師に裂けた会陰を縫合してもらっていたところ「あまり出血しなかった?」と聞かれました

「そういえば、担架に移った時に気づいたんですが、血だまりはできてました。」

「まあでも、足についた血の跡からしてそんなに出血してないとおもうよ」とのこと。

そんなことで出血量ってわかるんだ!

限られた情報の中で判断しなきゃいけないことも多い産科医の、経験のなせるワザってやつか・・・

すごいなー!と、仰向けでおもうのでした。

 


【著者】とげとげ。

 元看護師のイラストレーター。有名女性誌などで幅広く活躍しながら、2児の母としても絶賛奮闘中。

子育てエッセイマンガブログ『ママまっしぐら!』

http://www.togetoge.net/

この記事をシェアしよう

コメント

0/100

マンガトップへ

掲示板でいま話題

他の話題を見る

アンケート受付中

他の本音アンケートを見る

今日の看護クイズ

本日の問題

◆周手術期の問題◆術後せん妄について、正しいものはどれでしょうか?

  1. 手術侵襲が大きいほど、せん妄になりやすい。
  2. 年齢や基礎疾患とは無関係で起こる。
  3. 予防のために身体拘束を行う必要がある。
  4. 退院後も長期的にケア、治療が必要である。

6413人が挑戦!

解答してポイントをGET

ナースの給料明細

8064人の年収・手当公開中!

給料明細を検索