白衣の下の世界|能町みね子・ナースの沼

ナースの沼へようこそ。白衣の天使と言われても、愚痴だってたまるし、日々の不条理に頭を悩ませもする。そんなナースのみなさんのための、日陰の沼のようなたまり場です。ナースの世界も外から見ればきっと異空間。ナース世界を知らない私が気まぐれにお相手いたします。

 

看護師専用Webマガジン ステキナース研究所 | 能町みね子・ナースの沼4

 

Vol.4 白衣の下の世界

 

~ナースのつぶやき~

白衣に下着が透けるのが気になります。学生時代、実習の先生が黒や赤の下着を毎日透かしてたときのあだ名は「ダイナマイト」。当時は爆笑してたけど、今自分が毎日白衣を着るとなると、結構笑えません。患者さんにも噂されてたりするんだろうな。

心療内科クリニック勤務・26歳)

 

 看護師専用Webマガジン ステキナース研究所 | 能町みね子のナースの沼_4白衣の下の世界

 

 

~能町みね子のつぶやき~

まず、大きな疑問なんですが、白衣の下って下着なんですか?

 

下着でも二段階ありますよね、ブラと、その上のキャミソール的なものと。・・・・・・いや、さすがにブラ+白衣はないよね。じゃあキャミソールとか、なのかな。

考えてみれば私は白衣を着たこともないので、白衣の下が何なのか考えたこともありませんでした。非ナースにとっては未知の世界です。そっかあ、そんなに薄着だったのか。

 

そういう私側の発見もあったうえで思うことは、ナースの皆さんは毎日それ以上のものを見てるじゃないか、ってことです。

だって、男女問わず、患者さんの口の中とか胸とかお腹とか、場合によっちゃ局部とか、見るわけでしょう。

もちろん「別に見たくて見てるんじゃない、仕事だ」とというのは分かります。でも患者さんだって見せたくて見せてるわけじゃないんで、恥ずかしさで言ったら「白衣から下着が透けてるかも」の比じゃないと思うのです。

私も入院経験豊富ですが、何度胸やら尻やら見せたか分かりません。時には開腹して体内まで見られますからねえ、キャー恥ずかしい・・・どころの騒ぎじゃないよ!

だから、患者さんとの恥ずかしさ比べを考えたら、下着の透けはまったく問題なし!

患者はそれどころじゃないから大丈夫!

 

・・・・・・あ、この方は心療内科勤務なのか・・・・・・。いや、でも、問題なし!

 


【能町みね子】
1979年生まれ。文筆業。イラストも少々。著書に『お家賃ですけど』(東京書籍)、『くすぶれ!モテない系』(ブックマン社)、『縁遠さん』(メディアファクトリー)、『オカマだけどOLやってます。』(文藝春秋)など。最新刊は『ドリカム層とモテない系』(ブックマン社)。

SNSシェア

コメント

0/100

仕事トップへ

掲示板でいま話題

他の話題を見る

アンケート受付中

他の本音アンケートを見る

今日の看護クイズ

本日の問題

◆呼吸器の問題◆通常、パルスオキシメータで血中酸素濃度を正しく測定できるのはどの状態の患者さんでしょうか?

  1. 出血性ショックの患者さん
  2. 慢性閉塞性肺疾患の患者さん
  3. 一酸化炭素中毒の患者さん
  4. 心肺停止の患者さん

8291人が挑戦!

解答してポイントをGET

ナースの給料明細

8129人の年収・手当公開中!

給料明細を検索