患者さんの涙|看護師絵日記

看護師絵日記

患者さんの涙

 

よく泣く患者さんがいた。

 

患者さんの涙1

 

はじめは「どうしてこんなことになったんだろう」と布団に包まって泣いていた。

 

「急なことで、驚いていて分からないことだらけですよね」

と声をかけながらしゃがむと、布団から手が出てきて

そっと手を添えると、もう片方の手が出てきて

両の手でわたしの手を握りながら泣いていた。

 

 

病気に対する受け入れや初めての入院や治療に対する不安がどっと押し寄せていたんだな。

彼女の頭の中がパンクしないように必要な話をしていく毎日。

彼女の涙は少しずつ減っていった。

 

 

ある日、彼女の状態が悪化した。

彼女は遠のく意識の中で泣いていた。

 

「辛いね!頑張っているね!」と何回も声をかけた。

 

あとでそのときのことを彼女は「ひとりになるかと思った」

と泣きそうな顔で言っていた。

「泣き虫でごめんね…」が口癖だ。

 

 

また幾日か経って彼女が駆け寄ってきた。

「こんな日がくるとは夢にも思っていませんでした。ありがとう」

いつもの病院のパジャマではなく、私服を着ていた。

退院の日だった。

 

患者さんの涙2

 

その人が笑顔で流す涙が好きだ。

患者さんが色々な涙を流すことができるくらい、思いを表出できる環境を作るには

一人ではないことを伝えること、寄り添うことが必要なのかもしれない。

 

 

【かげ】Twitter

総合病院で働き、絵を描く看護師です。医療の勉強に役立つ(てほしい)絵や仕事でのほっこり話などをTwitterでつぶやいています。

SNSシェア

コメント

0/100

仕事トップへ

掲示板でいま話題

他の話題を見る

アンケート受付中

他の本音アンケートを見る

今日の看護クイズ

本日の問題

◆周術期の問題◆Aさんに考えられる術後合併症は何でしょうか?

  1. 硬膜穿刺後頭痛(PDPH)
  2. 術後悪心・嘔吐(PONV)
  3. 肺血栓塞栓症(PTE)
  4. 発作性上室性頻拍(PSVT)

4989人が挑戦!

解答してポイントをGET

ナースの給料明細

8161人の年収・手当公開中!

給料明細を検索