看護師国家試験のボーダーラインと合格率【第114回受験生向けデータ】

看護師国家試験の過去10年のボーダーラインと合格率の推移をまとめました。

 

あくまで過去データですが、「国試に必要な点数はどのくらいか」の目安にしてください。

 

 

看護師国家試験の「ボーダーライン」とは?

看護師国家試験の「ボーダーライン」とは、いわゆる合格基準点のこと

 

看護師国家試験は合格定員が決まっているのではなく、合格基準点を満たしていれば合格できる試験です。

 

問題は、

  • 必修問題
  • 一般問題
  • 状況設定問題

 

の3種類に分かれており、このうち、

 

  • 【A】必修問題
  • 【B】一般問題+状況設定問題

 

の2種類にそれぞれボーダーラインが定められています。【A】【B】両方のボーダーラインを超えて得点することで、看護師国家試験に合格することができます

 

では、具体的に「配点」と「ボーダーライン」を見ていきましょう。

 

看護師国家試験配点とボーダーライン

 

【A】必修問題は「80%以上」が必須(40点以上でOK)

看護師国家試験必修問題の配点とボーダーライン

必修問題のボーダーラインは「80%以上」と定められています。

 

必修問題は全部で50問、1問1点の50点満点なので、40点以上を取っていればOKということになります。

 

この80%以上という基準は、毎年変更されることはありません。

 

 

【B】一般問題+状況設定問題は「毎年変動」

看護師国家試験一般と状況の配点とボーダーライン

一般問題と状況設定問題のボーダーラインは、毎年変動します

 

一般問題は全130問(1問1点)、状況設定問題は全60問(1問2点)なので、合わせて250点満点になります。

 

必修問題は80%以上の得点が必要な絶対評価であるのに対し、一般問題+状況設定問題のボーダーラインは、毎年変動する相対評価であることに注意しましょう(グラフ参照)。

 

なお、必修問題でも一般問題や状況設定問題でも、「問題としては適切であるが、必修問題としては妥当でない」「設問が不十分で正解が得られない」などの理由で、採点対象から除外され、満点の点数や合格に必要な点数が変わることがあります。

関連記事:今年の採点除外等は6問!合格率87.8%|第113回(2024年)看護師国家試験

 

 

看護師国家試験の「ボーダーライン」&「合格率」の10年間の推移

次は、過去10年のデータ(104回~113回)から、ボーダーラインと合格率の推移を見ていきます。

 

まず、ボーダーライン」(一般問題+状況設定問題)の推移を見てみましょう。

 

看護師国家試験 一般問題+状況設定問題ボーダーライン

 

 一般問題+状況設定問題のボーダーライン

ボーダーライン(点)
104 159点/248点
105 151点/247点
106 142点/248点
107 154点/247点
108 155点/250点
109 155点/250点
110 159点/250点
111 167点/250点
112 152点/249点
113 158点/250点

【出典】厚生労働省

※編集部注:250点満点ではない回は、採点除外問題があったため

 

過去10年のデータを見てみると、平均ボーダーラインは約155点

 

しかし、最低が142点(第106回)、最高が167点(111回)と大きく開きがあることがわかります。

 

 

続いて、合格率の推移です。

 

看護師国家試験 受験者数・合格者数・合格率

 

看護師国家試験の受験者数・合格者数・合格率

受験者数(人) 合格者数(人) 合格率
104 60,947 54,871 90.0%
105 62,154 55,585 89.4%
106 62,534 55,367 88.5%
107 64,488 58,682 91.0%
108 63,603 56,767 89.3%
109 65,568 58,513 89.2%
110 66,124 59,769 90.4%
111 65,025 59,344 91.3%
112 64,051 58,152 90.8%
113 63,301 55,557 87.8%

【出典】厚生労働省

 

これまで全体の合格率は90%前後で推移していましたが、第113回では87.8%と例年と比べると低い合格率でした。

 

 

看護師国家試験の「ボーダーライン」&「合格率」を知る方法

「ボーダーライン」&「合格率」は合格発表時に厚労省が発表

看護師国家試験のボーダーライン・合格率は、毎年3月の合格発表日に厚生労働省のホームページで発表されます。

 

決定基準などは公表されていないため、正確なボーダーラインがわかるのはこの合格発表の日になります。

 

 

【画像出典】厚生労働省

 

 

看護roo!編集部 藤枝純子

 

 

 

※編集部注※

当記事は、2015年12月12日に公開した「看護師国家試験のボーダーラインと合格率」という記事を、2024年3月22日の情報に合わせ、修正・加筆したものです。

SNSシェア

コメント

0/100

掲示板でいま話題

他の話題を見る

アンケート受付中

他の本音アンケートを見る

今日の看護クイズ

本日の問題

◆救急看護の問題◆蘇生ガイドラインで用いられている、一般的な「救命の連鎖」の最初の要素はどれでしょうか?

  1. (傷病者の)早期認識
  2. 心停止の予防
  3. 通報
  4. 一次救命処置

1294人が挑戦!

解答してポイントをGET

ナースの給料明細

8892人の年収・手当公開中!

給料明細を検索