看護用語辞典 ナースpedia キーワード:肺結核

肺結核とは・・・

最終更新日 2018/02/26

結核(はいけっかく、pulmonary tuberculosis)とは、結核菌が肺に感染して引き起こされる感染症である。

結核は、抗酸菌群に属するMycobacterium tuberculosis(ヒト型結核菌)、M. bovis(ウシ型結核菌)、M. africanum(アフリカ型結核菌)などの結核菌群の感染により引き起こされるが、主にMycobacterium tuberculosisが原因菌になる。

感染臓器は肺が最も多いが、中枢神経・リンパ組織・心膜・腸管・骨などさまざまな臓器に感染し得る。肺に感染している場合には肺結核と呼び、肺以外の臓器に感染している場合は肺外結核と呼ばれる。単に「結核」と言う場合は、肺結核を指すことが多い。

【症状】
咳嗽・喀痰・胸痛・全身倦怠感・体重減少・微熱・発汗などであるが、その症状は非特異的である。無症状のこともあるが、血痰や喀血を伴う場合もある。

【検査】
画像検査では、胸部単純レントゲンにおいて上肺野の空洞を伴う結節影などが古くから知られている典型例である。CTでは肺浸潤影と娘結節・空洞形成・肺門部リンパ節腫大・胸水などを認めるが、多彩な像を呈する。

【感染経路や対策】
肺結核の感染経路は、結核菌を含む飛沫核を吸入することで感染する空気感染である。感染症の予防および感染症の患者に対する医療に関する法律(感染症法)では二類感染症に指定されている。他の人に感染させる可能性がある(排菌をしている)結核患者は、同法により都道府県知事の権限で入院勧告や措置入院の対象となる場合がある。

執筆

井上 彰

明石医療センター 救急科医長

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

  • 肺結核に関するQ&A[04/12up]

    『看護のための病気のなぜ?ガイドブック』より転載。 今回は「肺結核」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   〈目次〉 1.肺結核ってどんな病気? 2.結核菌が侵入... [ 記事を読む ]

いちおし記事

点滴の留置針交換でモヤモヤ|看護師かげと白石の今週のモヤッと(8)

タイミングの違いに関する3年目ナースのお悩み。あなたの職場ではどんなルールがある? [ 記事を読む ]

認知症の患者さん「攻撃性がある」と感じたら?

事例をもとに対応のポイントを解説! [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

日常生活でうっかりつかってしまう専門用語ある?

投票数:
1302
実施期間:
2019年10月29日 2019年11月19日

人に言いたくなるキラキラ休日の過ごし方は?

投票数:
1204
実施期間:
2019年11月01日 2019年11月22日

尊敬する先輩ナースのエピソードある?

投票数:
1056
実施期間:
2019年11月05日 2019年11月26日

生まれ変わったら何になりたい?

投票数:
1016
実施期間:
2019年11月08日 2019年11月29日

看護師が選ぶ!キャラクター大賞!2019

投票数:
801
実施期間:
2019年11月12日 2019年12月03日

実は勘違いしていた医療用語ある?

投票数:
338
実施期間:
2019年11月15日 2019年12月06日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者119

◆栄養の問題◆5大栄養素についての説明で、誤っているのはどれでしょうか?

  • 1.糖質(炭水化物)1gから約4kcaLのエネルギーが得られる。
  • 2.脂質は糖質やタンパク質に比べて1g当たりのエネルギー量が低い。
  • 3.タンパク質は消化・分解されるとペプチドを経てアミノ酸となる。
  • 4.電解質は、脱水や嘔吐、下痢などで喪失しやすい。
今日のクイズに挑戦!