最終更新日 2018/06/19

甲状腺ホルモン

甲状腺ホルモンとは・・・

甲状腺ホルモン(こうじょうせんほるもん、thyroid hormone)とは、甲状腺から分泌され、全身に作用するホルモンである。主に、代謝の促進に関与している。

通常、甲状腺ホルモンが分泌されると、基礎代謝の上昇、臓器の活性化、発育の促進などに働く。臨床的に問題となるのは分泌が過剰となる場合と分泌が低下する場合である。

分泌過剰の場合は、発汗過多、体重減少、頻脈心房細動などの症状が起きる。分泌低下の場合は逆に、寒がり、体重増加、徐脈などの症状が起きる。

執筆: 小川顕太

亀田総合病院 集中治療科フェロー 救命救急センター

SNSシェア

この単語に関連する記事

用語辞典トップへ