看護用語辞典 ナースpedia キーワード:廃用症候群

廃用症候群とは・・・

最終更新日 2018/02/06

廃用症候群(はいようしょうこうぐん、disuse syndrome)とは、身体を動かせないことにより、筋骨格系、呼吸器・循環器系、精神神経系などに障害(機能低下)を起こし、日常生活自立度が低下した状態のことである。

【要因】
廃用症候群の要因は、内的要因と外的要因に分けられる。
■内的要因
罹患している疾患(持病)のために、体を動かすことができない状態が続く場合。たとえば、脳梗塞による麻痺喘息・肺疾患による呼吸苦や、心不全、抑うつ状態などのために、体を動かせない状態が挙げられる。
■外的要因
自分では体を動かせるが、治療などのために安静・臥床を指示されている場合で、骨折後のギプス固定中などが挙げられる。

【筋力低下】
筋力は、日常生活(立位・歩行・座位維持など)において、多くの筋肉を使用することで維持されている。
安静・臥床では初期に約1~3%/日、10~15%/週のペースで筋力低下が起こり、3~5週間では約50%の筋力低下が起こると言われている。
廃用症候群は長期臥床が原因となるが、実際に高齢者では2.3日~1週間くらいで生じることが多く、理論的な低下スピードよりも、想像以上に早い段階で出現していることを認識するべきである。

【予防】
今の日本は高齢化が進み、病院での治療対象者は超高齢者が少なくない。超高齢者の治療では、内科・外科疾患いずれの治療を行うにしても、合併症予防が大切であり、その一つとして廃用症候群の予防が大きな目標となる。
しかし、十分な配慮なく積極的に高齢患者を動かし、転倒などのトラブルを起こすこともあるので、病気の治療だけでなく、安静によって寝たきりになるリスクを、患者や患者の家族にしっかりインフォームド・コンセントすることが大切である。

執筆

金谷裕司

自治医科大学 整形外科助教

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

いちおし記事

ベテラン看護師の態度にモヤモヤ

「とあるベテラン看護師と険悪ムードでつらい…」というお悩み。あなたならどうする? [ 記事を読む ]

PaO2?pH?BE?血液ガス分析でどんなことがわかるの?

各検査データからわかることをサクッとおさらい! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

後で「急変の予兆だったのかも?」と思ったことある?

投票数:
1372
実施期間:
2019年11月26日 2019年12月17日

人生最大級の「お酒の失敗」教えて下さい。

投票数:
1292
実施期間:
2019年11月29日 2019年12月20日

一時期病的にハマっていた食べものや飲みものはある?

投票数:
1194
実施期間:
2019年12月03日 2019年12月24日

医師と結婚できるなら、したい?

投票数:
1209
実施期間:
2019年12月05日 2019年12月26日

好きなイラストレーターはいる?

投票数:
967
実施期間:
2019年12月10日 2019年12月31日

勝手に命名選手権!

投票数:
758
実施期間:
2019年12月13日 2020年01月03日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1139

◆がん看護の問題◆「がん薬物療法における職業性曝露対策ガイドライン 2019年版」において、抗がん剤の曝露対策として誤っているものは以下のうちどれでしょうか?

  • 1.抗がん剤の投与時には、揮発した抗がん剤を吸入したり、手指に付着した抗がん剤を経口摂取したりしてしまうなどで医療者が曝露しないようにする。
  • 2.抗がん剤の投与時には、二重手袋、ガウン、フェイスシールド、マスク、吸入器防護具(N95マスクなど)の使用が望ましい。
  • 3.抗がん剤投与終了後24時間は曝露のリスクがあるとされているため、患者さんの体液や排泄物は注意して扱う。
  • 4.経口抗がん剤を在宅で内服する患者さんには、できる限り患者さん以外が薬剤に触れないよう指導する。
今日のクイズに挑戦!