看護用語辞典 ナースpedia キーワード:低心拍出量症候群

低心拍出量症候群とは・・・

最終更新日 2019/01/10

低心拍出量症候群(ていしんぱくしゅつりょうしょうこうぐん、low output syndrome;LOS)とは、心拍出量が減少する病態のことである。
心臓手術の直後や急性心筋梗塞、心肺蘇生を行った後などに起こり、心係数が2.2L/min/m2以下の場合、低心拍出量症候群と診断される。

【症状】
末梢血管の収縮による四肢冷感、蒼白やチアノーゼ低血圧、乏尿などが認められる。

【治療】
治療方法には、血管拡張薬や強心薬による薬物療法のほか、大動脈内バルーンパンピング法などがある。

 

引用参考文献
1)日本救急医学会.“低(心)拍出量症候群”.医学用語 解説集.
2)菅弘之.低心拍出量症候群.医学大辞典.第2版,伊藤正男ほか編.医学書院,2003,1920.(ISBN 9784260005821)

このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

「白衣の戦士!」で学ぶ癒着性腸閉塞の治療とケア

この春始まった新ドラマを題材に、ナースに必要な医学知識を楽しく解説! [ 記事を読む ]

JCSっていつ、どんなときに使うの?

患者さんを見て、すぐに「JCS●点!」って評価できますか? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

看護師の仕事は好きですか?

投票数:
1315
実施期間:
2019年04月05日 2019年04月26日

腰が痛くて困ったことはありますか?

投票数:
828
実施期間:
2019年04月12日 2019年05月03日

職場の飲み会でお酌しますか?

投票数:
820
実施期間:
2019年04月16日 2019年05月07日

【転職経験者さん限定】前の病院と違っていて驚いたことありますか?

投票数:
133
実施期間:
2019年04月19日 2019年05月10日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者792

糖尿病の検査法の一つに経口ブドウ糖負荷試験(OGTT)があります。この検査で用いられる糖の負荷量は何gでしょうか?

  • 1.15g
  • 2.45g
  • 3.75g
  • 4.105g
今日のクイズに挑戦!