看護用語辞典 ナースpedia キーワード:ペプシノゲン

ペプシノゲンとは・・・

最終更新日 2018/10/24

ペプシノゲン(ぺぷしのげん、pepsinogen)とは、のタンパク分解酵素であるペプシンの不活性前駆物質である。胃底部にある主細胞から主に合成・分泌される。

■働き
ペプシノゲンは胃の中の酸性環境により、分解されてペプシンとなる。ペプシンの活性化には、低いpH環境(pH<2)が必要で、ペプシンの活性はpH4以上で著しく低下し、pH7以上では変性して機能を失う。主細胞より分泌されたペプシノゲンは、1%程度が血中に取り込まれるため、測定が可能となる。
免疫学的にペプシノゲンⅠとペプシノゲンⅡに分けられる。ペプシノゲンⅠは主に胃酸を分泌する胃底腺粘膜から分泌され、ペプシノゲンⅡは胃底腺のほか、噴門腺、幽門腺および十二指腸腺の広範囲から分泌される。
胃粘膜に炎症が生じるとペプシノゲンⅠ、Ⅱともに分泌量が増加する。胃粘膜の萎縮が進行すると胃底腺領域も萎縮し、幽門腺領域が拡張することから、ペプシノゲンⅠに対してペプシノゲンⅡが相対的に増加し、Ⅰ/Ⅱ比が低下する。

■活用
ペプシノゲンⅠ値は、胃酸分泌能と相関しており、ペプシノゲンⅠ/Ⅱ比は胃粘膜の萎縮を伴う疾患で有意に低下することから、ペプシノゲンⅠ値およびペプシノゲンⅠ/Ⅱ比の組み合わせによる解析は、消化性潰瘍、萎縮性胃炎の診断に有用である。また慢性胃炎患者では、胃の萎縮が進むほど胃がんが発生しやすいことから、ヘリコバクター・ピロリ菌感染検査と組み合わせて、胃がん危険群のスクリーニング「ABC検診」が推奨されている。

■判別することのできる疾患
ペプシノゲンⅠ値が高値の場合:
胃粘膜内での産生増加、あるいは腎からの排泄低下があり、胃炎、胃・十二指腸潰瘍、ヘリコバクター・ピロリ菌感染、腎不全プロトンポンプ阻害薬などの胃酸分泌抑制薬内服時など

ペプシノゲンⅠ値が低値の場合:
胃粘膜内での産生減少か、胃粘膜量そのものの減少であり、萎縮性胃炎、胃がん、切除胃、悪性貧血など

執筆

浅香葉子

神戸市立医療センター中央市民病院 救命救急センター副医長

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

根拠はないけど|マンガ・ぴんとこなーす【262】

看護記録に書いた根拠を激ヅメされた新人ナースのサエコちゃん。その記録内容は… [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

人に言いたくなるキラキラ休日の過ごし方は?

投票数:
1330
実施期間:
2019年11月01日 2019年11月22日

尊敬する先輩ナースのエピソードある?

投票数:
1174
実施期間:
2019年11月05日 2019年11月26日

生まれ変わったら何になりたい?

投票数:
1158
実施期間:
2019年11月08日 2019年11月29日

看護師が選ぶ!キャラクター大賞!2019

投票数:
1048
実施期間:
2019年11月12日 2019年12月03日

実は勘違いしていた医療用語ある?

投票数:
914
実施期間:
2019年11月15日 2019年12月06日

救急救命士、病院内でも救命処置が可能に。あなたは反対?賛成?

投票数:
566
実施期間:
2019年11月19日 2019年12月10日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1412

◆消化器の問題◆以下のうち、胃瘻管理中の患者さんに対する看護として、正しいものはどれでしょうか?

  • 1.胃瘻を造設している患者さんはシャワーや入浴はできない。
  • 2.栄養剤を投与する際は、仰臥位で投与しても問題ない。
  • 3.ボタン型はチューブ型に比べて自己抜去のリスクが高い。
  • 4.胃瘻管理中は、出血・発赤・腫脹など局所の感染徴候がないか、創部の観察を行う。
今日のクイズに挑戦!