看護用語辞典 ナースpedia キーワード:糖尿病黄斑症

糖尿病黄斑症とは・・・

最終更新日 2018/07/10

糖尿病黄斑症(とうにょうびょうおうはんしょう)とは、糖尿病によって視力に重要な役割を担っている黄斑部に病変が生じる病態である。
黄斑部は網膜の一部だが、眼底の中央にみられる黄褐色の部分を特に黄斑部と呼ぶ。黄斑部には錐体細胞と呼ばれる色や細かいものを識別する細胞が密集していて視力を形成している。

【病態】
黄斑症は黄斑部の異常で視力が低下する病態であり、(1)糖尿病黄斑浮腫、(2)虚血黄斑症、(3)黄斑部網膜色素上皮症の3つに分類される。
(1)糖尿病黄斑浮腫
糖尿病黄斑浮腫は血液網膜関門の破綻により、血管透過性が亢進して黄斑部に「浮腫」を来す病態である。
(2)虚血黄斑症
虚血黄斑症は黄斑部を栄養している毛細血管が閉塞して黄斑部の「虚血」により機能が低下する病態である。
(3)黄斑部網膜色素上皮症
黄斑部網膜色素上皮症は網膜の最も外側にある脈絡膜との境界の脈絡膜血管(栄養血管)の異常により、色素上皮が「萎縮」してしまう病態である。

【症状】
黄斑部以外の網膜に初期の病変があっても、進行してくるまで自覚症状を来さないことが多いのに対して、黄斑部に病変がある場合は早期から視力障害を来すことが多い。
特に、糖尿病黄斑浮腫は発症頻度が高く、軽症の糖尿病網膜症患者にも約10%の頻度で合併し、糖尿病網膜症が進行するにつれて合併頻度が高くなる。増殖糖尿病網膜症に至る前に視力低下を来す原因のほとんどは糖尿病黄斑浮腫である。また、腎機能障害があると糖尿病黄斑浮腫を悪化させやすいことが分かっている。

執筆

石野田悠暉

防衛医科大学校病院 腎臓内分泌内科

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

根拠はないけど|マンガ・ぴんとこなーす【262】

看護記録に書いた根拠を激ヅメされた新人ナースのサエコちゃん。その記録内容は… [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

日常生活でうっかりつかってしまう専門用語ある?

投票数:
1391
実施期間:
2019年10月29日 2019年11月19日

人に言いたくなるキラキラ休日の過ごし方は?

投票数:
1289
実施期間:
2019年11月01日 2019年11月22日

尊敬する先輩ナースのエピソードある?

投票数:
1134
実施期間:
2019年11月05日 2019年11月26日

生まれ変わったら何になりたい?

投票数:
1115
実施期間:
2019年11月08日 2019年11月29日

看護師が選ぶ!キャラクター大賞!2019

投票数:
992
実施期間:
2019年11月12日 2019年12月03日

実は勘違いしていた医療用語ある?

投票数:
838
実施期間:
2019年11月15日 2019年12月06日

救急救命士、病院内でも救命処置が可能に。あなたは反対?賛成?

投票数:
123
実施期間:
2019年11月19日 2019年12月10日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者4521

◆移乗時の問題◆手術が終了した患者さんを手術台からストレッチャーに移乗させる際のライン類の扱いで正しいものは以下のうちどれでしょうか?

  • 1.スタッフが各自でドレーンや点滴を確認して移乗させる。
  • 2.患者さんが麻酔から十分に覚醒していない場合は、ストレッチャーへ移乗させてからドレーン類を整理する。
  • 3.術後は術者や看護師がラインを確認しているため、移乗時にはラインのたるみがないよう、ライン類が伸展してしっかり固定してあるかの確認をする。
  • 4.患者さんに挿入されているライン類はたるみや引っ掛かりがないかを移乗前に確認し、スタッフで共有してからリーダーの声掛けで移乗させる。
今日のクイズに挑戦!