看護用語辞典 ナースpedia キーワード:真珠腫性中耳炎

真珠腫性中耳炎とは・・・

最終更新日 2018/05/07

真珠腫性中炎(しんじゅしゅせいちゅうじえん)とは、中耳の鼓室内に本来は存在しない扁平上皮細胞が侵入している状態である。
発生機序から先天性と後天性に分類する。扁平上皮の塊が白い真珠のように見えることより真珠腫と言われているが、一種の皮膚垢の貯留である。真珠腫の増大とともに周囲の骨を破壊し、耳小骨や顔面神経、外側半規管を障害し、難聴、顔面神経麻痺めまいを来す。病変が進行すると髄膜炎、脳炎など頭蓋内合併症をも引き起こす。

【後天性真珠腫】
鼓室など中耳は本来粘膜上皮に覆われており、外耳道は扁平上皮で覆われている。この間は鼓膜で境されている。すなわち本来中耳には扁平上皮が存在しない。耳管機能不全により鼓室内の陰圧の状態が持続すると、鼓膜が陥凹し鼓膜の扁平上皮細胞が外耳道に移動できず扁平上皮が蓄積して真珠腫を形成する。その他、鼓膜穿孔から外耳道や鼓膜の扁平上皮が鼓室内に侵入して真珠腫を形成する。
■症状
骨破壊が生じる部位により症状は異なる。耳小骨が破壊されると伝音難聴を来し、内耳を侵すと感音難聴やめまいを来す。鼓膜の穿孔部位からは耳漏が生じる。また、顔面神経麻痺や中耳の骨破壊が進行すると硬膜に達し、髄膜炎、脳膿瘍などを引き起こす。
■診断、検査
耳鏡所見は診断上重要であり鼓膜の穿孔の有無や真珠腫の存在部位を確認する。また真珠腫塊の病理検査で腫瘍の鑑別を行う。側頭骨CTでは周囲の骨破壊と進展範囲を評価する。またMRIでは拡散強調画像で高信号を呈するため腫瘍の鑑別や再発のチェックに有用である。
■治療
真珠腫の摘出と再発の防止、破壊された周囲の構造物の再建が必要である。手術としては鼓室形成術が行われ、病気の進展範囲により術式が選択される。真珠腫病変の取り残しがあると再発するため完全撤去が必要であり、また手術後再発の確認のため定期的に診察が必要となる。

【先天性真珠腫】
胎児期に扁平上皮が鼓室内に迷入し、緩徐に増大する病態である。鼓膜は正常であるため、耳鏡所見では鼓膜を透して鼓室内に白色塊がみえる。小児期の定期健診で見つかることが多い。症状、治療は後天性中耳炎と同様である。

執筆

中島早百合

順天堂大学医学部附属浦安病院 耳鼻咽喉科助手

角田篤信

順天堂大学医学部附属練馬病院  耳鼻咽喉・頭頸科先任准教授

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

【マンガ】それでも看護をする理由~Case.2 みお~(7)

「プリが悪い」「新人が悪い」「先輩が悪い」で終わりでいい? 指導をめぐるさまざまな立場の想い。 [ 記事を読む ]

胃瘻に関する基礎知識

胃瘻の目的や禁忌をわかりやすく解説! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

payサービス使ってる?

投票数:
1803
実施期間:
2019年08月30日 2019年09月20日

あなたのハマっている沼は何?

投票数:
1348
実施期間:
2019年09月03日 2019年09月24日

旅行のおすすめスポットある?

投票数:
1242
実施期間:
2019年09月06日 2019年09月27日

学生時代の実習、国試勉強との両立はうまくできた?

投票数:
1110
実施期間:
2019年09月10日 2019年10月01日

SNSで嫌な気分になったことある?

投票数:
1011
実施期間:
2019年09月13日 2019年10月04日

ナースの現場、気が利くで賞!

投票数:
668
実施期間:
2019年09月17日 2019年10月15日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者3589

簡易血糖測定の方法について、正しい方法は、次のうちどれでしょう。

  • 1.簡易血糖測定には、主に静脈からの採血を用いて測定する。
  • 2.使用する血液の量は、直径2mmの半球程度の量でよい。
  • 3.医療従事者が患者さんの耳朶から血液を採取する際は、穿刺部位の安定を図るため、耳朶の裏に指を当てて、しっかり固定した上で穿刺する。
  • 4.血液が十分に採取できない場合は、穿刺部位を絞り出して採取する必要がある。
今日のクイズに挑戦!