最終更新日 2018/03/19

ベタメタゾン

ベタメタゾンとは・・・

ベタメタゾン(べためたぞん、betamethasone)とは、ステロイド点眼薬であり、強い眼炎症性疾患の治療に用いられる。商品名はリンデロン®。

リンデロン®は、前部ぶどう膜炎や強膜炎、角膜炎などの炎症性疾患に使用されることが一般的である。通常は1回1~2滴を1日3~4回使用する。連用すると、緑内障(高眼圧、視野障害)、白内障(霧視、羞明視力低下)を来すことがある。角膜ヘルペスや緑膿菌感染症真菌感染症を誘発することもあり、使用法には注意を要する。

リンデロン®点眼Aという種類もあるが、これはステロイドと抗菌薬であるフラジオマイシンが配合されている。そのため、適応としては外眼部・前眼部の細菌感染を伴う炎症性疾患になる。

執筆: 水 大介

神戸市立医療センター中央市民病院  救命救急センター医長 救命救急センター

SNSシェア

用語辞典トップへ