最終更新日 2019/10/24

羞明

羞明とは・・・

羞明(しゅうめい)とは、通常は苦痛を感じない光量に対して、眩しく不快に感じる状態のことである。眼内に入る光量の調節、光の通過障害、網膜の光刺激受容、刺激の伝導路(視路・中枢)が障害されて生じる。
 
【羞明の種類】
■眼に入る光の散乱
白内障、ドライアイ、結膜炎虹彩
 
瞳孔散大
無虹彩症
 
■網膜や視神経の機能障害
網膜剥離、緑内障、網膜色素変、視神経炎

 

引用参考文献
1)まぶしく見える(羞明).はんがい眼科.

執筆: 永澤成人

東京慈恵会医科大学医学部 看護学科老年看護学助教 救命救急センター

SNSシェア

用語辞典トップへ