看護用語辞典 ナースpedia キーワード:二分脊椎

二分脊椎とは・・・

最終更新日 2018/04/25

二分脊椎(にぶんせきつい)とは、脊椎の形成異常の1つで、神経の通り道(脊柱管)を形づくる椎弓が正中で癒合しない病態である。第5腰椎(L5)、第1仙椎(S1)に好発する。本来であれば胎生期8~10週で左右対称性に生じる椎弓の骨核が成長の過程で互いに癒合する。

脊柱管が正中で欠損している病態のため、脊髄を包む髄膜がむき出しになるが、髄膜の膨隆(髄膜瘤)を認めるか否かで以下のように分類される。
【潜在性二分脊椎】
外観上は異常を認めず、気づかないまま成人になることが多い。レントゲンで椎弓の正中部に裂け目を確認できるが、MRIで髄膜瘤を認めない。髄膜や神経組織の脱出を伴わないので、治療の対象となることはまずない。
【顕在性二分脊椎】
外観上背部に膨隆を認め、小児期に指摘されることが多い。膨隆だけでなく、腰殿部の異常発毛などを認めることがあり、新生児、乳児期で皮膚の観察が重要である。水頭症を高率に合併し、夜尿、膀胱直腸障害、下肢麻痺などを伴うこともある。
病態が多岐にわたるため、小児科、脳神経外科整形外科、泌尿器科等の連携が必要になる。
・髄膜瘤
椎弓の離開部を通って髄膜が背部に膨隆しているもの。脊髄や馬尾の位置は正常であり、神経障害を伴わない。原則、治療は要しない。
・脊髄髄膜瘤
脊髄や馬尾も髄膜瘤内へ脱出しているもの。背部の膨隆や下肢麻痺のため、生下時に容易に診断される。手術適応である。髄膜瘤が皮膚に覆われている場合(閉鎖性脊髄髄膜瘤)はタイミングを見て待機手術である一方、皮膚欠損を伴い髄膜が外界にむき出しになっている場合は緊急手術である。

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

自分が担当する新人が年上なときの処方箋

プリ必見!年上プリセプティを指導するとき、覚えておきたい3つの心得 [ 記事を読む ]

熱中症の対応、大丈夫?

暑さが本格化する前に…!ケアのポイントをおさらい! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

看護へのやる気がなくなったこと、ある?

投票数:
1273
実施期間:
2019年07月02日 2019年07月23日

「今年の夏こそ◯◯するぞ!」ナースの主張

投票数:
1159
実施期間:
2019年07月05日 2019年07月26日

こんなのあったらいいな「ナースのヒミツ道具」大募集!

投票数:
1078
実施期間:
2019年07月09日 2019年07月30日

疾患を見ると感じる季節は?

投票数:
1041
実施期間:
2019年07月12日 2019年08月02日

残業代がきちんと出るなら残業したい?

投票数:
921
実施期間:
2019年07月16日 2019年08月06日

こだわりのナースグッズは?

投票数:
702
実施期間:
2019年07月19日 2019年08月09日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者3457

酸素飽和度についての説明で、正しいものはどれでしょうか?

  • 1.酸素飽和度とは、静脈内の赤血球中のヘモグロビンが酸素と結合している割合を示したものである。
  • 2.パルスオキシメータを用いて測定した値をSaO2、動脈血ガス分析で測定した値をSpO2という。
  • 3.SpO2が正常であれば、体内の酸素量は十分であると判断できる。
  • 4.健康な人の酸素飽和度は96~99%だが、酸素吸入時はSpO2を90%以上維持すれば通常は十分である。
今日のクイズに挑戦!