看護用語辞典 ナースpedia キーワード:在宅医療

在宅医療とは・・・

在宅医療(ざいたくいりょう)とは、通院が困難な患者に対し、自宅あるいは施設などに医療従事者が訪問し、医療サービスを提供することを差す。

■背景
日本では、ほかの先進国と比べても極めて急速に高齢化が進展している。2025年には、人口の多い団塊の世代が一気に75歳以上の後期高齢者となり、およそ5人に1人が75歳以上となる(2025年問題)。65歳以上の前期高齢者もあわせると、その割合は30%にのぼり、国民の3人に1人が高齢者という超高齢化社会となる。

・これに対して、現状でもすでに慢性的な人出不足に悩む医療現場では、増え続ける高齢者を入院医療で支え続けることが困難な状況にある。そこで政府は、“入院から在宅へ”という大きなテーマを掲げ、在院日数の短縮などとあわせて、急性期を過ぎた患者ができるだけ自宅で入院と同じレベルの医療サービスが受けられる在宅医療を積極的に進めている。

■在宅医療にかかわる専門職種
在宅医療には多くの専門職種がかかわっている。医師はもちろんのこと、歯科医師も訪問歯科診療を提供する。訪問看護ステーションなどを拠点に在宅で活躍する看護師は、在宅医療の中心的存在でもある。そのほか、薬剤師、理学療法士や作業療法士などリハビリテーション関係、歯科衛生士、栄養士などがチームとして患者にかかわることになる。

■課題
病院などの医療現場と同じで、いかに人材を集めるかが課題。日本看護協会によれば、全就業看護師のうち訪問看護師はわずか2%程度。今後ますます在宅医療のニーズが高まることを考えると、人材の育成が緊急の課題。

■ポイント
病院のチーム医療と大きく違うのは、医療職種だけでなく介護職との連携が重要になる点である。在宅患者の多くが終末期の患者であることを考えると、介護を担うヘルパーやケアマネジャーなどとの連携は欠かせない。診療報酬でも、医療と介護の協力に点数をつけて、連携を進めていく方針を打ち出している。

このエントリーをはてなブックマークに追加


ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

いちおし記事

リアル・コードブルーを直撃取材!

フライトナースは「診断なし、情報なし」の現場で処置を行うプロ。 [ 記事を読む ]

ヒアリに刺されたらどうなる!?

何かと話題のヒアリ。医療者が知っておきたいポイントは? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

出勤前のメイクにどのくらい時間かける?

投票数:
653
実施期間:
2017年07月04日 2017年07月25日

どの職種の制服が好き?

投票数:
742
実施期間:
2017年07月07日 2017年07月28日

髪の長さを変えるとしたらどのくらい?

投票数:
614
実施期間:
2017年07月11日 2017年08月01日

夜勤明け、まず何をする?

投票数:
598
実施期間:
2017年07月14日 2017年08月04日

かかりつけ医はいる?

投票数:
453
実施期間:
2017年07月18日 2017年08月08日

一週間休みがあれば何する?

投票数:
426
実施期間:
2017年07月21日 2017年08月11日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者208

70代男性。呼吸苦が強く、酸素投与され、1日の大半は患者さんの希望により、座位で過ごしています。食事もあまり摂取できず、痩せており、仙骨・尾骨に骨突出があります。この患者さんへのケアとして正しいものはどれでしょうか?

  • 1.呼吸苦が強いため、患者さんが希望しなければ姿勢を変えない。 
  • 2.骨突出があるため褥瘡予防の必要性を説明し、側臥位の体位変換を優先する。
  • 3.エアマットレスを使用する。
  • 4.体がずれないように足側も高く上げておく。
今日のクイズに挑戦!