看護用語辞典 ナースpedia キーワード:在宅医療

在宅医療とは・・・

在宅医療(ざいたくいりょう)とは、通院が困難な患者に対し、自宅あるいは施設などに医療従事者が訪問し、医療サービスを提供することを差す。

■背景
日本では、ほかの先進国と比べても極めて急速に高齢化が進展している。2025年には、人口の多い団塊の世代が一気に75歳以上の後期高齢者となり、およそ5人に1人が75歳以上となる(2025年問題)。65歳以上の前期高齢者もあわせると、その割合は30%にのぼり、国民の3人に1人が高齢者という超高齢化社会となる。

・これに対して、現状でもすでに慢性的な人出不足に悩む医療現場では、増え続ける高齢者を入院医療で支え続けることが困難な状況にある。そこで政府は、“入院から在宅へ”という大きなテーマを掲げ、在院日数の短縮などとあわせて、急性期を過ぎた患者ができるだけ自宅で入院と同じレベルの医療サービスが受けられる在宅医療を積極的に進めている。

■在宅医療にかかわる専門職種
在宅医療には多くの専門職種がかかわっている。医師はもちろんのこと、歯科医師も訪問歯科診療を提供する。訪問看護ステーションなどを拠点に在宅で活躍する看護師は、在宅医療の中心的存在でもある。そのほか、薬剤師、理学療法士や作業療法士などリハビリテーション関係、歯科衛生士、栄養士などがチームとして患者にかかわることになる。

■課題
病院などの医療現場と同じで、いかに人材を集めるかが課題。日本看護協会によれば、全就業看護師のうち訪問看護師はわずか2%程度。今後ますます在宅医療のニーズが高まることを考えると、人材の育成が緊急の課題。

■ポイント
病院のチーム医療と大きく違うのは、医療職種だけでなく介護職との連携が重要になる点である。在宅患者の多くが終末期の患者であることを考えると、介護を担うヘルパーやケアマネジャーなどとの連携は欠かせない。診療報酬でも、医療と介護の協力に点数をつけて、連携を進めていく方針を打ち出している。

このエントリーをはてなブックマークに追加


ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

いちおし記事

産婦人科(産科・婦人科)看護師のお仕事とは?

産科にも看護師ならではのやりがいがたくさん!現場のリアルな声をご紹介します。 [ 記事を読む ]

閉鎖式気管吸引と開放式気管吸引、違いは何?

ポイントは、「吸引時に待機に開放するかどうか」です。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

人生の最期に食べたいものは?

投票数:
803
実施期間:
2018年01月02日 2018年01月23日

これは面白いと思う、医療がテーマの小説は?

投票数:
887
実施期間:
2018年01月05日 2018年01月26日

経口で摂取する栄養剤、食べた(or飲んだ)ことある?

投票数:
692
実施期間:
2018年01月09日 2018年01月30日

鎮痛薬・胃腸薬、常備してる?

投票数:
660
実施期間:
2018年01月12日 2018年02月02日

後輩にオススメしたい看護がテーマの書籍は?

投票数:
459
実施期間:
2018年01月16日 2018年02月06日

カーディガンの色、どれが好き?

投票数:
258
実施期間:
2018年01月19日 2018年02月09日

看護師へのタスク・シフティング、「もうやってるよ!」な業務は?

投票数:
241
実施期間:
2018年01月19日 2018年02月09日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者90

92歳の男性患者Aさんは誤嚥性肺炎で入院中です。全身の掻痒感が強く、ステロイド入り軟膏が処方されました。その後、Aさんの手掌は肥厚し、白く乾燥が強くなったため、疥癬を疑い、皮膚の顕微鏡検査にて角化型疥癬と診断されました。胸部には、掻痒感が強かったことによる掻き傷が数カ所に見受けられ、疥癬トンネルも確認されました。この後看護師が行う対応で、最も適切なものは以下のうちどれでしょうか?

  • 1.同室患者さんの皮膚状態を観察し、同室者全員への疥癬治療を検討する。
  • 2.Aさんの隔離は、皮膚症状が改善した時点で解除する。
  • 3.病室の清掃は落屑が飛び散らないよう、掃除機のみで行う。
  • 4. Aさんを隔離する場合、隔離後の寝具交換は、隔離前と同じタイミングで良い。
今日のクイズに挑戦!