最終更新日 2019/10/24

中咽頭癌

中咽頭癌とは・・・

咽頭癌(ちゅういんとうがん)とは、中咽頭に生じるがんである。中咽頭とは、口を大きく開けた時、口の奥に見える場所で、軟口蓋~喉頭蓋上縁の部分をいう。食物や空気の通路であり、嚥下や構音の重要な働きをしている。また、咽頭の周りには多くのリンパ節がある、頸部のリンパ節に転移しやすい。
 
【主なリスク要因】
喫煙、飲酒と強い関連がある。
・ヒトパピローマウイルス(HPV)
 
【症状】
初期症状として、飲み込むときの違和感、おさまらない咽頭痛、吐血、口を大きく開けにくい、舌を動かしにくいなどがある。
 
【検査】
触診、喉頭鏡・間接喉頭鏡、内視鏡、生検、CT、MRI、超音波など
 
【治療】
放射線療法、手術療法、化学療法

 

引用参考文献
1)中咽頭がん.国立がん研究センター がん情報サービス.

執筆: 永澤成人

東京慈恵会医科大学医学部 看護学科老年看護学助教 救命救急センター

SNSシェア

用語辞典トップへ