看護用語辞典 ナースpedia キーワード:鼠径ヘルニア

鼠径ヘルニアとは・・・

最終更新日 2020/01/23

鼠径ヘルニア(そけいへるにあ、inguinal hernia)とは、鼠径部に脱出する外ヘルニアのことである。腹部のヘルニアの大半を占める。乳幼児期の男児や中高年男性に好発する。

鼠径ヘルニアは、ヘルニア門の部位(脱出部位)により外鼠径ヘルニア、または内鼠径ヘルニアのいずれかに分類される。

【症状】
鼠径ヘルニアは基本的には無症状である。外見上の突出が認められる。
しかし、腸管の圧迫が起こり、消化管内容物(食物など)の通過障害(腸閉塞)が起こることで嘔気、嘔吐腹痛等が出現したり、嵌頓して血流障害が発生し激痛を伴ったりすることもある。

【検査・診断】
鼠径ヘルニアは外見上突出がわかるため診断は容易である。突出部位に超音波検査を行い、腸管であることが判明すれば確定診断に至る。腹部CTも有用である。

【治療】
生後6カ月未満の鼠径ヘルニアは自然治癒することもあるが、1歳以降では自然治癒が少なく、成人の場合はほぼ自然治癒がみこめないため、手術加療を行うことが原則になる。
用手的に突出部位を圧迫することでヘルニアが一旦元に戻ることはあるが、ヘルニア内容が大きくヘルニア門が狭い場合には、困難なこともある。

基本的には待機的な手術を行うことになる。手術法としてヘルニアの解除を行い、再発を防ぐために、人工のメッシュ(ポリプロピレンメッシュなど)でヘルニア門を塞ぐ手術(メッシュプラグ法、ダイレクト・クーゲルパッチ法など)を行う。

嵌頓(完全にはまり込んで脱出した腸管の血流障害が起こること)が起こっている場合は腸管壊死に至る危険性が高いため、緊急手術を行い、迅速に嵌頓を解除する必要がある。

執筆

大久保祐希

兵庫県立尼崎総合医療センター ER総合診療科フェロー

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

“米”ガーゼ?! 医療用語のカン違いあるある|看護師の本音アンケート

思わず赤面!間違って覚えてたコトバ…あなたにもある? [ 記事を読む ]

【新情報追加】新型コロナウイルス・看護師のためのQ&A

後日、感染者とわかった患者をケアをしていた看護師は「濃厚接触者」になる?なったらどうすればいい? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

東京オリンピック、観に行く?

投票数:
1624
実施期間:
2020年02月04日 2020年02月25日

あなたが恋に落ちた瞬間♡教えてください

投票数:
1480
実施期間:
2020年02月07日 2020年02月28日

バレンタイン、チョコ以外になにかプレゼントあげる?

投票数:
1392
実施期間:
2020年02月11日 2020年03月03日

国試直前!言っちゃえ合格宣言&エール!

投票数:
1265
実施期間:
2020年02月14日 2020年03月06日

国試の問題、難しかった?

投票数:
1084
実施期間:
2020年02月18日 2020年03月10日

病院にいたらいいなぁと思うポケモンは?

投票数:
744
実施期間:
2020年02月21日 2020年03月13日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2569

◆救急看護の問題◆以下のショックの分類と原因疾患・病態の組み合わせで間違っているものはどれでしょうか?

  • 1.血液分布異常性ショック-アナフィラキシー
  • 2.心原性ショック-心タンポナーデ
  • 3.心外閉塞・拘束性ショック-緊張性気胸
  • 4.循環血液量減少性ショック-脱水
今日のクイズに挑戦!