看護用語辞典 ナースpedia キーワード:水ぼうそう

水ぼうそうとは・・・

最終更新日 2018/01/17

水ぼうそう(みずぼうそう)とは、水痘帯状疱疹ウイルスにより、全身に水泡性(水ぶくれ)の発疹をきたす急性の伝染性疾患である。正式名称は「水痘」。罹患した場合、学童において、出席停止期間が定められている。

【原因】
水痘帯状疱疹ウイルスの初感染が原因で発症する。感染経路は、主に空気中に浮遊するウイルスを含んだ飛沫核による空気感染であるが、痂皮化(かさぶたになること)していない発疹から接触感染する経路もある。潜伏期間は約14日で、発疹出現の1~2日前からすべての発疹が痂皮化(かさぶたになること)まで他者への感染性を持つ。

【症状】
全身の発疹、倦怠感、発熱等の症状が出現する。発疹はかゆみを伴い、紅斑→丘疹→水疱→痂皮へと変化する。数日にわたって新しい発疹が出現し、いろいろな段階の発疹が混在する。水疱疹の周囲に発赤を伴うこと、陰部周囲にも見られることがあることも特徴の一つである。

【診断・治療】
水ぼうそう患者や帯状疱疹患者との接触歴や、特徴的な発疹から診断は比較的容易である。ただし診断において、発疹の多少は問わない。治療は、通常かゆみや細菌の二次感染予防に石炭酸亜鉛華リニメント(カチリ)などの外用が行われる。また、経口抗ウイルス剤として、アシクロビル(ゾビラックス)やバラシクロビル(バルトレックス)があり、症状の軽減や罹患期間の短縮が期待できる。

【予防】
水痘ワクチン接種が予防の第一選択である。日本では2014年に水痘ワクチンが定期予防接種となり、1歳から3歳未満の間に2回接種するようになった。

執筆

藤垣義浩

宇都宮記念病院 小児科科長

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

いちおし記事

ぴんとこ総選挙 結果発表|マンガ・ぴんとこなーす【番外編】

1位は看護のジレンマがテーマのあの話!あなたの推し回はランクインしてる? [ 記事を読む ]

熱中症の応急処置・治療の方法は?

暑さが本格化…!熱中症の対応は万全に! [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

ナース・プラクティショナーの制度に賛成?反対?

投票数:
1254
実施期間:
2019年07月30日 2019年08月20日

あなたを癒やしてくれる存在とは?

投票数:
1203
実施期間:
2019年08月02日 2019年08月23日

あなたの勤務先にはローカルルールってある?

投票数:
1049
実施期間:
2019年08月06日 2019年08月27日

病棟の申し送り、どれくらい時間をかけてる?

投票数:
1029
実施期間:
2019年08月09日 2019年08月30日

「あぁ、看護師でよかった」と思ったことはある?

投票数:
910
実施期間:
2019年08月13日 2019年09月03日

あなたの職場はマタハラある?

投票数:
767
実施期間:
2019年08月16日 2019年09月06日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者4507

慢性心不全の70歳男性のAさん。外来受診時に、「今度、家族と旅行に行く予定があるが、自宅でトイレに行くときにちょっと息切れが出るので少し不安がある」という訴えがありました。AさんをNYHA分類に当てはめた場合、適切なアドバイスはどれでしょうか?

  • 1.心臓リハビリテーションは中止するよう伝える。
  • 2.入浴はしないほうがよいと伝える。
  • 3.旅行は、長時間かかる電車よりも、移動が短時間で済む飛行機を勧める。
  • 4.毎日体重測定を行うように指導していく。
今日のクイズに挑戦!