看護用語辞典 ナースpedia キーワード:水ぼうそう

水ぼうそうとは・・・

最終更新日 2018/01/17

水ぼうそう(みずぼうそう)とは、水痘帯状疱疹ウイルスにより、全身に水泡性(水ぶくれ)の発疹をきたす急性の伝染性疾患である。正式名称は「水痘」。罹患した場合、学童において、出席停止期間が定められている。

【原因】
水痘帯状疱疹ウイルスの初感染が原因で発症する。感染経路は、主に空気中に浮遊するウイルスを含んだ飛沫核による空気感染であるが、痂皮化(かさぶたになること)していない発疹から接触感染する経路もある。潜伏期間は約14日で、発疹出現の1~2日前からすべての発疹が痂皮化(かさぶたになること)まで他者への感染性を持つ。

【症状】
全身の発疹、倦怠感、発熱等の症状が出現する。発疹はかゆみを伴い、紅斑→丘疹→水疱→痂皮へと変化する。数日にわたって新しい発疹が出現し、いろいろな段階の発疹が混在する。水疱疹の周囲に発赤を伴うこと、陰部周囲にも見られることがあることも特徴の一つである。

【診断・治療】
水ぼうそう患者や帯状疱疹患者との接触歴や、特徴的な発疹から診断は比較的容易である。ただし診断において、発疹の多少は問わない。治療は、通常かゆみや細菌の二次感染予防に石炭酸亜鉛華リニメント(カチリ)などの外用が行われる。また、経口抗ウイルス剤として、アシクロビル(ゾビラックス)やバラシクロビル(バルトレックス)があり、症状の軽減や罹患期間の短縮が期待できる。

【予防】
水痘ワクチン接種が予防の第一選択である。日本では2014年に水痘ワクチンが定期予防接種となり、1歳から3歳未満の間に2回接種するようになった。

執筆

藤垣義浩

宇都宮記念病院 小児科科長

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

いちおし記事

看護師的ナイスフォロー!気が利く同僚たちをご紹介|看護師の本音アンケート

「めちゃくちゃ助かる!ありがとう!」と感激した同僚エピソード。みんなも経験ある? [ 記事を読む ]

患者さんが転倒骨折! 要介護5になった責任はどこに?

実際の医療訴訟をもとにナースが気をつけるポイントを解説。 [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

救急救命士、病院内でも救命処置が可能に。あなたは反対?賛成?

投票数:
1404
実施期間:
2019年11月19日 2019年12月10日

結婚するなら、同じ医療者がいい?それとも、医療者以外がいい?

投票数:
1386
実施期間:
2019年11月22日 2019年12月13日

後で「急変の予兆だったのかも?」と思ったことある?

投票数:
1198
実施期間:
2019年11月26日 2019年12月17日

人生最大級の「お酒の失敗」教えて下さい。

投票数:
1128
実施期間:
2019年11月29日 2019年12月20日

一時期病的にハマっていた食べものや飲みものはある?

投票数:
993
実施期間:
2019年12月03日 2019年12月24日

医師と結婚できるなら、したい?

投票数:
928
実施期間:
2019年12月05日 2019年12月26日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者776

◆摂食・嚥下の問題◆摂食嚥下の5期モデルの説明で誤っているのはどれか?

  • 1.先行期は食べ物を咀嚼し食塊にする時期である。
  • 2.口腔期は食塊を咽頭に送り込む時期である。
  • 3.咽頭期は食塊を嚥下反射により中咽頭から食道入口部に送り込む時期である。
  • 4.食道期は食塊を蠕動運動により胃の噴門部に送り込む時期である。
今日のクイズに挑戦!