看護用語辞典 ナースpedia キーワード:言語聴覚士

言語聴覚士とは・・・

言語聴覚士(げんごちょうかくし)とは、言語障害(失語症構音障害など)、聴覚障害、嚥下障害のある者に対し、それらの機能の維持向上を図るため、適切な検査と訓練を行い、日常生活や社会復帰をサポートする専門職である。医療従事者(コメディカル)の一つ。ST(Speech therapist)。
問診や検査によって障害の程度や原因メカニズムを明らかにし、医師の診断カルテなども参照しながらそれぞれの患者に合った訓練内容を提案、実施している。
リハビリテーションに関する国家資格としては最も新しいものであり、今後需要が高くなる職種だとされている。医療機関をはじめ、保健・福祉機関、教育機関といった幅広い領域で活躍している。
この他、リハビリテーションに関連する専門職としては、作業療法士(OT)や理学療法士(PT)がある。

このエントリーをはてなブックマークに追加


ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

国家試験の不適切問題どうなる?

不適切と考えられる23問の問題とその理由をまとめました。 [ 記事を読む ]

気胸に関するQ&A

気胸の3大症状は、突然起こる胸痛、乾性咳嗽、呼吸困難です。ケアのポイントは? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

もし新卒時に戻れるなら何科で働きたい?

投票数:
303
実施期間:
2017年03月14日 2017年04月04日

「寝坊したことある?」そのあとどうした?

投票数:
279
実施期間:
2017年03月17日 2017年04月06日

就職活動をした(応募した)病院はいくつ?

投票数:
252
実施期間:
2017年03月21日 2017年04月10日

国試の合格発表、最初に誰に知らせた(る)?

投票数:
189
実施期間:
2017年03月24日 2017年04月13日
もっと見る