看護用語辞典 ナースpedia キーワード:アセチルコリン

アセチルコリン とは・・・

最終更新日 2019/09/30

アセチルコリン(あせちるこりん、acetylcholine:ACh)とは、代表的な神経伝達物質であり、運動神経の神経筋接合部、交感神経および副交感神経の節前線維の終末、副交感神経の節後線維の終末などのシナプスで放出され、機能する。コリンの酢酸エステル化合物。

1914年にアセチルコリンを発見したヘンリー・H・デイル、アセチルコリンが神経伝達物質であることを明らかにしたオットー・レーヴィは、1936年にノーベル生理学・医学賞を受賞している。

■作用
アセチルコリンは、中枢神経で働く場合と末梢神経で働く場合で作用が異なる。

・中枢神経で働く例
例えば脳内のアセチルコリンが減少しているアルツハイマー病では、アセチルコリンエステラーゼ阻害薬によりアセチルコリンの作用を増強し、脳内の神経伝達を改善させる。

・末梢神経で働く例
末梢の神経接続部で作用する場合は、筋収縮に作用する。自律神経(交感神経と副交感神経)の節前繊維や副交感神経の節後繊維に働く。徐脈、腸蠕動亢進、発汗、縮瞳、膀胱筋弛緩などの症状がみられる。

【関連疾患】
・アルツハイマー病
アルツハイマー病では、脳内のアセチルコリンの活性が低下しており、アセチルコリンの活性の低下は、認知障害などの症状を引き起こす原因になると考えられている。

パーキンソン病
パーキンソン病では、ドパミンが減少し、アセチルコリンとのバランスが崩れるため、相対的にアセチルコリンの機能が過剰になり、運動機能の障害(振戦)が起こる。



引用参考文献
1)パーキンソン病(指定難病6).難病情報センター.
2)アセチルコリンとアルツハイマー型認知症.e-65.net.
3)畠中寛.伊藤正男ほか編.アセチルコリン.医学大辞典.第2版.医学書院,2003,249.(ISBN 9784260005821)

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

看護師的ナイスフォロー!気が利く同僚たちをご紹介|看護師の本音アンケート

「めちゃくちゃ助かる!ありがとう!」と感激した同僚エピソード。みんなも経験ある? [ 記事を読む ]

稽留熱?間欠熱?発熱のアセスメントと対応をおさらい!

原因からケアのポイントまでわかりやすく解説。 [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

実は勘違いしていた医療用語ある?

投票数:
1348
実施期間:
2019年11月15日 2019年12月06日

救急救命士、病院内でも救命処置が可能に。あなたは反対?賛成?

投票数:
1303
実施期間:
2019年11月19日 2019年12月10日

結婚するなら、同じ医療者がいい?それとも、医療者以外がいい?

投票数:
1279
実施期間:
2019年11月22日 2019年12月13日

後で「急変の予兆だったのかも?」と思ったことある?

投票数:
1106
実施期間:
2019年11月26日 2019年12月17日

人生最大級の「お酒の失敗」教えて下さい。

投票数:
1010
実施期間:
2019年11月29日 2019年12月20日

一時期病的にハマっていた食べものや飲みものはある?

投票数:
757
実施期間:
2019年12月03日 2019年12月24日

医師と結婚できるなら、したい?

投票数:
512
実施期間:
2019年12月05日 2019年12月26日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2868

◆脳・神経の問題◆開放式脳室ドレナージ中の患者さん。体位変換をする際、各クランプを閉鎖する順番として、正しいものはどれでしょうか?

  • 1.A→B→C→D
  • 2.B→C→D→A
  • 3.C→D→A→B
  • 4.D→A→B→C
今日のクイズに挑戦!