2016年04月18日

腹腔穿刺の介助


【監修】

中島恵美子(杏林大学保健学部看護学科看護学専攻 教授)

 

【執筆】

森下純子 (杏林大学保健学部看護学科看護学専攻 非常勤講師)

監修者・執筆者・監修大学についての詳細

 

「腹腔穿刺」の目的

腹腔内に液体貯留が認められ、病態把握のためその性状を確認する
腹水貯留がある場合、苦痛の軽減や全身状態の改善を図る
●腹腔内に直接抗生物質や抗癌薬などを注入する

 

「腹腔穿刺」の適応

●腹腔穿刺による検査を必要とする患者さん
●肝硬変・がん性腹膜炎を患う患者さんなど

 

「腹腔穿刺」の禁忌

●広範な腸管癒着が予想される場合
●腸管の著明な拡張を認める場合
●妊婦

 

「腹腔穿刺」の必要物品

  • 延長チューブ
  • 排液用ボトル
  • 消毒液
  • 穴あき滅菌ドレープ
  • 膿盆
  • 局所麻酔薬
  • 三方活栓
  • 注射針(18,23G)
  • 注射器(5,20mL)
  • 鑷子
  • 腹腔穿刺針
  • スピッツ
  • マーカーペン
  • 滅菌ガーゼ
  • 保護フィルム
  • メジャー
  • 固定用テープ
  • 滅菌ガウン
  • キャップ
  • 穴あき滅菌ドレープ
  • サージカルマスク
  • 滅菌手袋

 

「腹腔穿刺」の実施

(1)穿刺部位の周囲を広く開ける

 

(2)処置用シーツを敷いておく

 

(3)水平仰臥位になってもらい、穿刺部位の選定後、皮膚の消毒の介助を行う

 

(4)局所麻酔の介助を行う

 

(5)医師が注射器で薬液を吸いやすいよう介助する

 

(6)腹腔穿刺の介助を行う。穿刺を施行したら、指示により排液を滅菌スピッツに採取する

ポイント

腹腔内感染を予防するため安全かつ清潔に介助を行う

ポイント

肝硬変患者の場合、肝炎ウィルスを所有している可能性があるため、看護師自身も感染しないよう注意する必要がある

 

(7)腹水を排液させる

 

(8)三方活栓と延長チューブを接続し、自然落下させる

 

(9)排液速度、排液量、性状の観察を行う

 

(10)バイタルサインを測定する

 

(11)最後に、気分不快の有無を確認する

 

(12)汚染した部位がある場合、清拭する


【引用・参考文献】

(1)福井次矢 他(編):体腔穿刺.三輪書店,東京,2000.
(2)真弓俊彦(編):ビジュアル基本手技 コツを覚えて必ずできる!体腔穿刺.羊土社,東京,2008.
(3)公益社団法人日本産科婦人科学会(編):日産婦誌 2007;59(6):150-151.(2016.01.04アクセス)
(4)高木康(編著):新訂版 看護に生かす検査マニュアル.サイオ出版,東京,2015:160-161.

関連記事

  • エコーガイド下ドレナージ術は緊急処置! 5つの手順を押さえよう [04/19up]

    画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。 外来や病棟で、看護師が目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。 今回は、看護師さんに知っておいて欲しい「緊... [ 記事を読む ]

  • 膵臓と脾臓のエコー像 [08/03up]

    画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。 外来や病棟で、ナースが目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。 〈前回の内容〉 肝臓と胆囊のエコ... [ 記事を読む ]

  • 病棟での急変時、腹部エコーを行う理由は? [01/25up]

    画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。 外来や病棟で、看護師が目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。 今回は、病棟でエコー検査を行う場合の理由と... [ 記事を読む ]

  • 肝内胆管が拡張しているエコー像 [09/07up]

    画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。 外来や病棟で、看護師が目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。 〈前回の内容〉 肝内胆管拡張症は... [ 記事を読む ]

  • エコー(超音波)検査とCT検査の違い [08/24up]

    画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。 外来や病棟で、看護師が目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。 今回は、臨床現場におけるエコー検査の位置づ... [ 記事を読む ]

いちおし記事

点滴の留置針交換でモヤモヤ|看護師かげと白石の今週のモヤッと(8)

タイミングの違いに関する3年目ナースのお悩み。あなたの職場ではどんなルールがある? [ 記事を読む ]

認知症の患者さん「攻撃性がある」と感じたら?

事例をもとに対応のポイントを解説! [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

日常生活でうっかりつかってしまう専門用語ある?

投票数:
1303
実施期間:
2019年10月29日 2019年11月19日

人に言いたくなるキラキラ休日の過ごし方は?

投票数:
1206
実施期間:
2019年11月01日 2019年11月22日

尊敬する先輩ナースのエピソードある?

投票数:
1058
実施期間:
2019年11月05日 2019年11月26日

生まれ変わったら何になりたい?

投票数:
1018
実施期間:
2019年11月08日 2019年11月29日

看護師が選ぶ!キャラクター大賞!2019

投票数:
803
実施期間:
2019年11月12日 2019年12月03日

実は勘違いしていた医療用語ある?

投票数:
352
実施期間:
2019年11月15日 2019年12月06日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者381

◆栄養の問題◆5大栄養素についての説明で、誤っているのはどれでしょうか?

  • 1.糖質(炭水化物)1gから約4kcaLのエネルギーが得られる。
  • 2.脂質は糖質やタンパク質に比べて1g当たりのエネルギー量が低い。
  • 3.タンパク質は消化・分解されるとペプチドを経てアミノ酸となる。
  • 4.電解質は、脱水や嘔吐、下痢などで喪失しやすい。
今日のクイズに挑戦!