2015年06月18日

吸入療法の実施|薬液吸入(4)


【監修】

公立南丹病院 看護部

監修者・監修病院についての詳細

 

吸入療法の実施

(1)患者さんに目的と実施内容、方法、所要時間について説明する

 

(2)呼吸しやすいように座位やファウラー位をとってもらう

   

(3)患者さんに、マウスピースをくわえてもらう

 

(4)風量や噴霧量などを調整し、吸入を開始

 

■ポイント■

必ず患者さんの頭部より低い位置にネブライザー本体を設置する

⇒高い位置にあると、ホースにたまった生理食塩水や薬液が、液体になって患者さんの口のなかに流れ込んでしまう危険性あり

 

吸入療法:実施中の注意点

●吸入中は患者さんの身近にティッシュペーパーなどを置いておくようにする

●吸入中は気管を直接刺激するため、何か異変などがあれば、ナースコールで呼んでもらうよう、患者さんに注意を促しておく 

関連記事

いちおし記事

新人ナースのインシデント。プリセプターの効果的な対応法は?

秋はインシデント増加の時期。再発を防止できる振り返りとは? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

最近の新人教育の方針は?

投票数:
887
実施期間:
2018年09月04日 2018年09月25日

休憩時間とれてる?

投票数:
821
実施期間:
2018年09月11日 2018年10月02日

寿退職したい? したくない?

投票数:
703
実施期間:
2018年09月18日 2018年10月09日

現金100万円、一度で使い切るなら何に使う?

投票数:
190
実施期間:
2018年09月25日 2018年10月16日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2721

気管挿管時に声門の全体像が見えにくい場合、介助者が行うBURP法。このBURP法はそれぞれ何の頭文字をとったものか、以下の中で間違っているものはどれでしょうか?

  • 1.Backward:後方
  • 2.Upward:頭側
  • 3.Ring:輪状
  • 4.Pressure:押す
今日のクイズに挑戦!