ネブライザーのしくみ・準備 | 薬液吸入【2】

【監修】

公立南丹病院 看護部

 

吸入療法とは?

吸入療法とは、ネブライザーなどの方法で、気道内に薬剤を投与する治療法。

特に加湿を目的にする場合は、生理食塩水などをネブライザーで投与します。

 

エアロゾル粒子とは?

煙霧体のこと。気体のなかに微粒子が多く浮かんだ物質

 

エアロゾル粒子の到達範囲とは?

エアロゾル粒子は、小さければ小さいほど気道の末梢まで到達することが特徴

 

各気管に到達するときのエアロゾル粒子の目安サイズ(μm)

・咽頭や気管…5~10μm

・気管支…2~5μm

・細気管支や肺胞…1~2μm

 

※「μm」…読みかたは「マイクロメートル」

 

■ポイント■

気管支より先の末梢まで到達させるためには直径5μm以下でなければならない

 

吸入療法の注意点

 

●加湿を目的とする場合は、薬剤」ではなく「生理食塩水」を入れて吸入をおこなう

⇒ただし、この加湿の効果はネブライザーを使用しているあいだしか継続しない

 

●患者さんの状態によっては吸入療法よりも「うがい」や「身体の水分バランスを整えること」が効果的なケースもあり

 

■ポイント■

ネブライザーを使用する呼吸療法の場合、感染リスクも伴うため、常に機器の清潔を保つ必要がある

 

ネブライザーの種類

ネブライザーには大きく2種類の方式がある。

 

(1)超音波ネブライザー

 

 

<特徴>

超音波ネブライザーは二層式。超音波発信機からの振動が蒸留水に伝わり、その振動で薬液などが振動し、霧状になる

 

(2)ジェットネブライザー

 

 

<特徴>

ジェットネブライザーは、霧吹きと同じ原理で動くネブライザー。高速の気流が薬液を吸い上げ、さらに霧状にする

 

SNSシェア

関連動画

カテゴリから探す

動画でわかる看護技術トップへ