1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. エキスパートナース>
  4. 急変時のルート確保はどこにとる?

2017年05月25日

急変時のルート確保はどこにとる?

『エキスパートナース』2015年1月号<臨床の裏ワザ・裏知識>より抜粋。
急変時のルート確保について解説します。

ショック状態や、心肺停止などのときは、静脈路確保(以下、ルート確保)が困難なケースが多くなります。急変した患者さんの手足は冷たくチアノーゼ、そして駆血帯で何度縛っても、血管は見えない……という状況を、皆さんも何度か経験していることと思います。

重症患者さんでのルート確保について、確認しましょう。

 

野崎浩司
(医療法人社団明生会 イムス札幌消化器中央病院 救急センター長・麻酔科副部長)

 

〈目次〉

 

急変時には「肘正中皮静脈」が第一選択

「急変です!ルート確保もできません!」と呼ばれて病棟に行くと、患者さんの“前腕”から必死にルートを探している看護師をよく見かけます。

日ごろは患者さんの動きやすさを考えて、利き手と反対の前腕にルート確保を行っていることと思いますが、急変時などにはその配慮をいったん忘れてください。

重症の患者さんはすぐに歩き出せませんし、手を動かすことも肘を曲げることもできません。内因性であれ外傷であれ、重症の患者さんの場合には、常に肘正中皮静脈からルートを確保しましょう。

できれば18~20G(ゲージ)の太いルートを、そして可能なら両肘部に1本ずつを確保しましょう。その際の輸液は、特に指示がなければリンゲル液か生理的食塩水で準備をしてください。

肘部からの確保が難しい場合は、一般病棟の成人患者さんではあまり穿刺をしない手背からの確保もチャレンジしてみましょう。

今から10年以上前は、重症患者さんにはすぐに中心静脈カテーテルを入れるという時代がありましたが、現在、急変時にはまず末梢のルートからの輸液負荷や薬剤投与確保で対応することが、ガイドラインなどでも推奨されています(文献1)。

その第一選択が肘正中皮静脈であることは覚えておいてください。

 

神経損傷のリスクが高い場所(魔の三角地帯)に注意!

血管確保に関連して、急変や重症ではないけれど、脱水や消化管出血などが基礎にありルート確保が難しい患者さんがいると思います。

“いつも狙う前腕の血管は見えにくく、手背も失敗してしまった”。そんなときに刺したくなるのが、手関節の茎状突起のそばを走る太い静脈ではないでしょうか?(図1)。

図1左手関節部の橈側皮静脈(リスクの高い穿刺部位)

左手関節部の橈側皮静脈(リスクの高い穿刺部位)

 

看護師向けの某ホームページには『ここを選択』と書いてありましたが、私は同意できません!

それは、ここは『魔の三角地帯』であり、神経損傷のリスクがとても高い部位であるからです(図2)。知っていましたか?

図2神経損傷のリスクが高い「魔の三角地帯」

神経損傷のリスクが高い「魔の三角地帯」

 

神経損傷の頻度は32,000例に1例という報告もあれば、6,300~25,000例に1例(文献2)など、報告によりバラつきがあります。

リスクをなるべく減らすためには、前述した手関節部のように、神経と血管が伴走している部位を穿刺しないことです。

また、神経損傷を疑う症状として表1のようなことを頭に入れておき、穿刺時に少しでも神経損傷を疑ったのなら、すみやかに留置針を抜去して、主治医に報告するのが最善の策となります。

表1神経損傷を疑う症状・所見

神経損傷を疑う症状・所見

 

***

緊急時も定期の輸液も、“この部位を穿刺するしかない”ときは、そのリスクをわかったうえで行うようにしましょう(しかし、できれば刺さないのがベストです!)

 


[引用・参考文献]

  • (1)日本救急医学会ICLSコース企画運営委員会ICLSコースガイドブック改訂ワーキング編:改訂第3版日本救急医学会ICLSコースガイドブック.羊土社,東京,2012;86-87.
  • (2)高崎真弓,岩崎寛:麻酔科診療プラクティス14麻酔偶発症・合併症.文光堂,東京,2004;12-13.

[Profile]
野崎浩司(のざき こうじ)
医療法人社団明生会 イムス札幌消化器中央病院 救急センター長・麻酔科副部長
1995年旭川医科大学卒業。救急・ICU、麻酔、総合医療、医学シュミレーション教育などに関わってきました。今年から救急分野を離れ、麻酔科医に戻っています。職員に対するBLSコースや、手術室内での気管挿管「介助」実習などにも取り組んでいます。

*略歴は掲載時のものです。


本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。/著作権所有(C)2015照林社
[出典]エキスパートナース2015年1月号

P.12~「臨床の裏ワザ・裏知識」

この連載

  • カテ後の受け持ち!見るべきポイントは? [05/04up]

    『エキスパートナース』2015年1月号<臨床の裏ワザ・裏知識>より抜粋。 カテ後の受け持ちにおけるポイントについて解説します。 久しぶりの夜勤。え、この患者さん、今日カテしたんだ……何かあったらどうしよう……。 そんなときの... [ 記事を読む ]

  • 病棟での発熱、チェックすべき症状と医師への報告のポイント [06/15up]

    『エキスパートナース』2015年1月号<臨床の裏ワザ・裏知識>より抜粋。 病棟での発熱、チェックすべき症状と医師への報告のポイントについて解説します。   髙岸勝繁 (医療法人社団淀さんせん会 金井病院 総合診療科)... [ 記事を読む ]

  • 急変時のルート確保はどこにとる? [05/25up]

    『エキスパートナース』2015年1月号<臨床の裏ワザ・裏知識>より抜粋。 急変時のルート確保について解説します。 ショック状態や、心肺停止などのときは、静脈路確保(以下、ルート確保)が困難なケースが多くなります。急変した患者...

  • 不穏につながりやすい疾患は?内服薬は? [06/08up]

    『エキスパートナース』2014年12月号<不穏への対応>より抜粋。 不穏につながりやすい要因について解説します。   不穏につながりやすい疾患は?内服薬は? 強い身体的苦痛を生じる疾患があると、不穏に... [ 記事を読む ]

  • そもそも不穏って何?|不穏のメカニズム、せん妄との違い [06/01up]

    『エキスパートナース』2014年12月号<不穏への対応>より抜粋。 不穏について解説します。   そもそも不穏って何?どんなメカニズムで現れるの? せん妄とはどう異なるの? 不穏とは“行動が活発にな... [ 記事を読む ]

関連記事

いちおし記事

「ぼくねぇ、もうすぐ死ぬんだ…」にどう答える?

マンガ『おうちで死にたい~訪問看護の現場から~』の続編です。 [ 記事を読む ]

喀血と吐血、違いをきちんと理解できてる?

「吐血」は上部消化管からの出血、では、「喀血」はどこからの出血でしょうか?吐血と喀血の違いのほか、下血の観察ポイントも解説します。 [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

上司に怒りを感じるのはどんなとき?

投票数:
1561
実施期間:
2017年10月31日 2017年11月21日

なかなか寝られないとき、どうしてる?

投票数:
627
実施期間:
2017年11月03日 2017年11月24日

看護師国家試験、苦手科目は?

投票数:
796
実施期間:
2017年11月07日 2017年11月28日

一番好きな医療ドラマはどれ?

投票数:
570
実施期間:
2017年11月10日 2017年12月01日

J-アラート作動(弾道ミサイル発射)!どうする?

投票数:
443
実施期間:
2017年11月14日 2017年12月05日

「こんなドクターいたらいいな…」一緒に働いてみたい俳優は?

投票数:
668
実施期間:
2017年11月17日 2017年12月08日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者3277

92歳女性のAさんは、在宅療養中で、ADLは全介助です。亀背が見られ、高機能エアマットを使用しています。胃瘻造設から3年経過し、1週間前に定時の胃瘻交換を実施しました。ご家族から「胃瘻から液が漏れる。どうしたら良いか」と電話があり、経管栄養の中止を指示した後、訪問すると、胃瘻周囲の皮膚が赤くただれていました。Aさんは元々、痩せ気味で、最近るい痩が著明です。触診で腹部膨満はありましたが、「吐き気や痛みはない」といいます。聴診器で腸の動きを確認すると、グル音は良好に聴取できました。体温は37.8℃。排泄は2日前にありましたが、元々便秘気味とのこと。以下の中で、Aさんに起こっていることで、最も考えられることはどれでしょうか?

  • 1.腸閉塞を起こしている。
  • 2.チューブ内の閉塞が起こっていて、経管栄養が入っていかなくなっている。
  • 3.腹膜炎を起こしている。
  • 4.チューブのサイズが適応していない。
今日のクイズに挑戦!