1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. ドレーン・カテーテル・チューブ管理完全ガイド>
  4. 脳槽ドレーン | ドレーン・カテーテル・チューブ管理

2017年05月28日

脳槽ドレーン | ドレーン・カテーテル・チューブ管理

ドレーン・カテーテル・チューブ管理 完全ガイド

ドレーンカテーテル・チューブ管理完全ガイド』より転載。

今回は脳槽ドレーンについて説明します。

 

藤巻高光
埼玉医科大学医学部脳神経外科教授
大内道晴
埼玉医科大学国際医療センター看護部(CICU)看護師長

 

〈目次〉

 

脳槽ドレーンの適応と目的

脳動脈瘤破裂に伴うクモ膜下出血の場合に、クモ膜下腔に広がった血液が徐々に分解される。この分解産物が脳の動脈に影響して、脳血管攣縮(cerebral vasospasm、スパズム)を生じると考えられている。

クモ膜下腔に広がった血液を髄液とともに体外に排除し、その後に起こる脳血管攣縮を予防あるいは少しでも軽減しようとする目的で行われるのが脳槽ドレーンである。

血液の洗い流しを早める目的で、脳室ドレーンから人工髄液や乳酸加リンゲル液の注入も行われる。この場合、脳槽ドレーンが流出路となる(灌流)(『脳室ドレーン』図1、2参照)。

後述するが、開頭術が行われないコイル塞栓術の術後では、腰椎のクモ膜下腔へ挿入したドレーンから血性髄液を排除する。

 

脳槽ドレーンに用いる器材

通常は、脳室ドレーンと同様の器材が用いられる。

 

脳槽ドレーンの抜去のめやす

クモ膜下出血の量にもよる。筆者らは出血量があまり多くないときでも2週間程度の留置を原則と考えている。

 

ケアのポイント(脳槽ドレーン)

1固定

脳室ドレーンと同様の管理が必要である。高さの管理が重要である点も同様である。

一般的にはクモ膜下出血の術後には、血腫を洗い流すために脳槽から髄液を流出させることが大切である。つまり脳室ドレーンより脳槽ドレーンの圧設定を低くする(ドレーンの高さを低い場所とする)のが通常である。

 

2ドレーン挿入中の観察・異常の対処

脳室ドレーンと同様の観察が必要であるが、それに加え注意すべきことがある。特にクモ膜下出血の分解産物を洗い流す目的で前述の灌流が行われている場合、流出量は灌流のために流し込んだ液体量より多くなくてはいけない。もしin>outであると、in-out差の液体は頭蓋内に残り、頭蓋内圧の亢進を生じる。

流出量が流入量より少ない場合、ドレナージ回路の途中が折れていないか、閉塞がないかなどを確認のうえ、一時灌流液の注入を中止して、医師に報告して指示を仰ぐ。

排液の量・性状は、脳槽ドレーンは、ほとんどがクモ膜下出血の術後挿入されることが多いため、通常は「淡血性」である。徐々に赤い色調は薄くなってくる。

 

3排液の処理

脳室ドレーンと同様である。

 


本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。/著作権所有(C)2015照林社

[出典] 『ドレーン・カテーテル・チューブ管理完全ガイド第一版』 (編著)窪田敬一/2015年7月刊行/ 株式会社照林社

著作権について

この連載

もっと見る

関連記事

  • 脳出血に関するQ&A [09/26up]

    『看護のための病気のなぜ?ガイドブック』より転載。 今回は「脳出血」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   〈目次〉 1.脳出血ってどんな状態? 2.脳出血って何... [ 記事を読む ]

  • 平衡覚|感覚 [05/12up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 今回は、平衡覚について解説します。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 内田勝雄 山形県立保健医療大学名誉教授   Summary ... [ 記事を読む ]

  • 標的細胞を刺激するホルモン|調節する(3) [08/30up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、神経伝達物質・ホルモンについてのお話の3回目です。 〈前回の内容〉 情報を伝える神経伝達物質|調節する(2) 解剖生理学の面白さを知る... [ 記事を読む ]

  • 脳膿瘍(のうのうよう)|脳膿瘍の原因、症状、治療法 [11/03up]

    脳神経外科看護の専門誌『BRAIN』2013年第2号< 脳神経外科でよくみる感染症の予防と管理~感染症のキホンからICT・Standard Precaution まで~>より抜粋。 脳膿瘍(のうのうよう)について解説します。 ... [ 記事を読む ]

  • リウエル|整形外科手術器械(2) [04/11up]

    手術室にある医療器械について、元手術室勤務のナースが解説します。 今回は、整形外科の手術で使用される『リウエル』についてのお話です。 なお、医療器械の歴史や取り扱い方についてはさまざまな説があるため、内容の一部については、筆者の... [ 記事を読む ]

いちおし記事

根拠はないけど|マンガ・ぴんとこなーす【262】

看護記録に書いた根拠を激ヅメされた新人ナースのサエコちゃん。その記録内容は… [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

人に言いたくなるキラキラ休日の過ごし方は?

投票数:
1315
実施期間:
2019年11月01日 2019年11月22日

尊敬する先輩ナースのエピソードある?

投票数:
1158
実施期間:
2019年11月05日 2019年11月26日

生まれ変わったら何になりたい?

投票数:
1142
実施期間:
2019年11月08日 2019年11月29日

看護師が選ぶ!キャラクター大賞!2019

投票数:
1029
実施期間:
2019年11月12日 2019年12月03日

実は勘違いしていた医療用語ある?

投票数:
888
実施期間:
2019年11月15日 2019年12月06日

救急救命士、病院内でも救命処置が可能に。あなたは反対?賛成?

投票数:
457
実施期間:
2019年11月19日 2019年12月10日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者5210

◆薬の問題◆80歳男性。過活動膀胱のため、夜間にも頻繁にトイレに行きたくなってしまい、不眠となっています。この患者さんに用いられる排尿障害治療薬は、以下のうちどれでしょうか?

  • 1.α1受容体遮断薬
  • 2.抗コリン薬
  • 3.抗ヒスタミン薬
  • 4.抗アンドロゲン薬
今日のクイズに挑戦!