1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 看護のためのからだの正常・異常>
  4. 骨にはどのような形の違いがあるの?|長骨、短骨、扁平骨、含気骨など

2018年02月12日

骨にはどのような形の違いがあるの?|長骨、短骨、扁平骨、含気骨など

解剖生理Q&A

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。
今回は「形別の骨の種類」に関するQ&Aです。

 

骨にはどのような形の違いがあるの?

骨を形によって分けると、長骨(ちょうこつ)、短骨(たんこつ)、扁平骨(へんぺいこつ)、含気骨(がんきこつ)などがあります。

長骨は長く伸びた管状の骨で、上腕骨、橈骨、尺骨、大腿骨、脛骨などがあります。上肢の長骨は様々な作業を行い、下肢の長骨は移動動作を行います。

短骨は不規則な形をした短い骨で、手根骨や足根骨などがあります。これらの骨は立方体様の骨が敷石のように並び、手首や足首の可動性を保っています。

扁平骨は板状の扁平な骨で、頭頂骨、側頭骨、肩甲骨、胸骨、肋骨などがこれに当たります。

含気骨(がんきこつ)というのは、骨の内部に鍾乳洞のような通路があり、空気が自由に流れるようになっている骨のことです。鼻腔を形成する篩骨、上顎を形成する上顎骨などがこの仲間です。

以上の骨の分類に入りにくいのは、頸椎、胸椎、腰椎を形成する椎骨です。

椎骨(ついこつ)は臼状の骨が積み重なっており、椎骨と椎骨の間には、線維軟骨でできた弾力性のある椎間(円)板(椎間円板)があり、椎骨とは椎間関節で連結されています。この椎間円板は常に縦方向に強い圧力を受けているため、変性を起こしやすく、後方に脱出(ずれること)すれば椎間板ヘルニアになります。

 

MEMO椎間板ヘルニア

椎間板は、内部の髄核(ずいかく)とこれを包線維輪(せんいりん)から成り立っています。

椎間板ヘルニアは、線維輪や髄核が脊柱管内へと押し出され、脊柱管内が狭くなった状態です。脊髄や神経根が圧迫されるため、疼痛や運動麻痺などが生じます。

 

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』(監修)山田幸宏/2016年2月刊行

看護のためのからだの正常・異常ガイドブック

引用・参考文献

著作権について

この連載

  • 関節はどのような動きをするの? [02/26up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「関節の動き」に関するQ&Aです。 関節はどのような動きをするの? 関節の動き方には、屈曲・伸展、内転・外転、内旋・外旋、回内・回外などがあり、これらの動きはそれぞれ... [ 記事を読む ]

  • 骨同士はどうやってつながっているの?|関節の構造と種類 [02/19up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「関節」に関するQ&Aです。 骨同士はどうやってつながっているの? 成人には約200個の骨がありますが、これらの骨の連結方法は、大きく分けて2つあります。 1つ... [ 記事を読む ]

  • 骨にはどのような形の違いがあるの?|長骨、短骨、扁平骨、含気骨など [02/12up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「形別の骨の種類」に関するQ&Aです。   骨にはどのような形の違いがあるの? 骨を形によって分けると、長骨(ちょうこつ)、短骨(たんこつ)、扁平骨(へんぺいこ...

  • 骨の強度はどのようにして決まる? [02/05up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「骨の強度」に関するQ&Aです。   骨の強度はどのようにして決まる? 健康な骨を作るために不可欠なのは、栄養と運動です。 骨の強度に最も関連する栄養素は... [ 記事を読む ]

  • 骨はどのような構造になっているの? [01/29up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「骨の構造」に関するQ&Aです。 骨はどのような構造になっているの? 骨は、骨皮質(こつひしつ)という表面の硬い部分と、海綿質(かいめんしつ)という内部の網目状の部分... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

禁断の呪文

夜勤終わり、ついつい唱えてしまう禁断の呪文とは? [ 記事を読む ]

PEGカテーテルの交換

PEGカテーテル交換時には腹腔内誤挿入に注意が必要です。ナースが知っておきたい介助・観察ポイントは? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

患者さんが亡くなってしまったとき、心をどんなふうにケアしてる?

投票数:
825
実施期間:
2018年07月24日 2018年08月21日

「モンスター患者」いますか?

投票数:
752
実施期間:
2018年07月31日 2018年08月21日

今年の猛暑、勤務中に困ったことは?

投票数:
1019
実施期間:
2018年08月03日 2018年08月24日

「これで救急車呼んだの?!」な患者さん、経験ある?

投票数:
733
実施期間:
2018年08月02日 2018年08月24日

「これじゃ寝られない…」ヤバい仮眠室おしえて! 

投票数:
775
実施期間:
2018年08月10日 2018年08月31日

あなたの周りの最短退職者の記録教えて!

投票数:
593
実施期間:
2018年08月14日 2018年09月04日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者3382

在胎週数28週の児が出生しました。出生直後より呼吸状態が安定しないため、分娩室でFiO2(吸入酸素濃度)値40%、CPAP(持続的気道陽圧)5~6cmH2Oで管理しています。しかし、酸素飽和度は80%台から上昇を認めず、著明な陥没呼吸が見られ、鼻翼呼吸、多呼吸、チアノーゼ、呻吟も出現しています。体温に留意しながらCPAPを行っていますが、この後に実施すべき処置は以下のうちどれでしょうか?

  • 1.このままCPAPを続け、動脈血ガス分析を行い、呼吸状態を評価する。
  • 2.適切な酸素飽和度になるよう、FiO2値とCPAPの圧を調節後、マスク&バッグによる用手人工換気へと切り替える。
  • 3.気管挿管後、NICUへ移動し、マイクロバブルテストと胸部X線写真撮影後に呼吸窮迫症候群と診断してから、サーファクタント投与を行う。
  • 4.気管挿管し、直ちにサーファクタント投与を行う。
今日のクイズに挑戦!