看護用語辞典 ナースpedia キーワード:椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアとは・・・

最終更新日 2018/05/22

椎間板ヘルニア(ついかんばんへるにあ、Herniated disc)とは、椎体と椎体の間にある椎間板の一部が脊柱管へ突出した状態のことである。突出した部分(ヘルニア)が神経を圧迫すると筋力低下や感覚障害などを呈する。

【好発部位】

腰椎に生じることが最も多く、中でも第4腰椎と第5腰椎の間、第5腰椎と第1仙椎の間に生じることが多い。その他、下位頸椎レベルにも多い。

【症状】

腰椎椎間板ヘルニアであれば、腰部や臀部の痛みに加えて、圧迫されている神経の支配領域に一致した痛みやしびれなどの感覚障害や筋力低下を認める。こうした症状は体の片側に生じることが多いが、両側に生じることもある。また圧迫の部位により、排尿障害もあり得る。

【検査】

X線検査、CT検査、MRI検査、などの画像検査でヘルニアの評価を行う。

X線写真にはヘルニアは写らないが、脊椎の並びや変形の評価には有効である。CT検査もX線検査と同様にヘルニアそのものの評価には向かないが、脊椎の変形などの評価には優れている。椎間板ヘルニアの画像検査にはMRI検査が非常に有効である。侵襲性も低く、ヘルニアそのものも確認することができ、神経の圧迫の程度も画像的に評価することができる。

【治療】

椎間板ヘルニアの治療の基本は保存的治療である。アセトアミノフェンやNSAIDsなどの鎮痛薬内服やコルセットによる患部の固定、腰部や股関節のストレッチに代表される運動療法、そして神経根や硬膜外への局所麻酔薬の注入(神経ブロック)などが挙げられる。これら保存的治療を行っても、症状の改善が軽微にとどまり、排尿障害や筋力低下を来す患者には手術による治療を行うことがある。

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

思い残し|マンガ・ぴんとこなーす【253】

看護師として働く中で、ナスさんが思うこと。 [ 記事を読む ]

「水泡音」ってどんな音?

肺炎患者さんの聴診音「水泡音」を実際に聞いて確認! [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

他の病院事情、一番知りたいことは?

投票数:
1401
実施期間:
2019年10月01日 2019年10月22日

「タピオカの次に流行ってほしい」って思うもの、ある?

投票数:
1279
実施期間:
2019年10月04日 2019年10月25日

参考書や解説書で見かけるけど、実はよくわかってない用語ってある?

投票数:
1157
実施期間:
2019年10月08日 2019年10月29日

「患者さんを怒らせてしまった言葉」ってある?

投票数:
1057
実施期間:
2019年10月11日 2019年11月01日

丸めたティッシュの中から意外なモノを見つけた経験ある?

投票数:
887
実施期間:
2019年10月15日 2019年11月05日

「私、失敗しないので」って言える得意な看護技術ある?

投票数:
649
実施期間:
2019年10月18日 2019年11月08日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2147

◆高齢者の問題◆廃用症候群の予防的介入として、適切なものはどれでしょうか?

  • 1.お茶碗につがれたご飯が自力で食べにくい場合はおにぎりにするなど、患者さんに合わせた工夫をする。
  • 2.身体の安静のためにできるだけ長く尿道留置カテーテルを挿入しておく。
  • 3.患者さんから「なんとなく食欲がない」という訴えがあっても、一時的なものなので特別な対応はしない。
  • 4.患者さんから「動きたくない」と訴えがあれば、なるべくリハビリは行わないようにする。
今日のクイズに挑戦!