1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 看護のためのからだの正常・異常>
  4. 脳にはどれくらいの量の血液が送られているの?

2017年11月27日

脳にはどれくらいの量の血液が送られているの?

解剖生理Q&A

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。
今回は「脳と血液」に関するQ&Aです。

脳にはどれくらいの量の血液が送られているの?

脳は覚醒時でも睡眠時でも、常に一定の代謝活動を行っているので、血液を大量に必要とする臓器です。

脳が必要とする血液量は、脳組織100gに対して1分当たり50〜60mL、脳全体では1分当たり800mL前後です。1分当たりの心拍出量が約4.5Lですから、脳に流れ込んでいる血液量は心拍出量の1/5〜1/6にも達します。

脳の重さは体重のわずか2%程度ですから、大変な大食いということになります。 脳に流れ込んだ血液の分布を見てみると、大脳髄質よりも大脳皮質のほうが3〜4倍も血液を必要としており、大脳皮質のなかでは前頭葉が最も血液を消費しています。

 

⇒〔解剖生理Q&A一覧〕を見る


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』(監修)山田幸宏/2016年2月刊行

看護のためのからだの正常・異常ガイドブック

 引用・参考文献

著作権について

この連載

  • 脳に有害な物は入り込まないの? [12/04up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「血液脳関門」に関するQ&Aです。 脳に有害な物は入り込まないの? 血液は、酸素やグルコースなどの栄養素を細胞に供給する大事なパイプラインですが、時として細菌、化学物... [ 記事を読む ]

  • 脳血管にいざという時のバックアップ機構はあるの? [11/30up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「ウイリス動脈輪」に関するQ&Aです。 脳血管にいざという時のバックアップ機構はあるの? 脳は生命の維持はもちろんのこと、感覚や運動といった、あらゆる生命活動をつかさ... [ 記事を読む ]

  • 脳にはどれくらいの量の血液が送られているの? [11/27up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「脳と血液」に関するQ&Aです。 脳にはどれくらいの量の血液が送られているの? 脳は覚醒時でも睡眠時でも、常に一定の代謝活動を行っているので、血液を大量に必要とする臓...

  • 脳はどうやって守られているの? [11/23up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「頭蓋骨と脳脊髄液」に関するQ&Aです。 脳はどうやって守られているの? 脳の実質はとても柔らかい組織です。脳には重要な中枢や神経がぎっしりと詰まっていますが、破壊さ... [ 記事を読む ]

  • 脳幹はどんな働きをしているの? [11/17up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「脳幹」に関するQ&Aです。 脳幹はどんな働きをしているの? 大脳を支える幹のような形をした部分が脳幹です。成人の脳幹は長さ約7.5cm、太さは親指程度と小さな部分で... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 細胞どうしを結ぶ神経ネットワーク|調節する(1) [08/26up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、神経伝達物質・ホルモンについてのお話の1回目です。 〈前回の内容〉 アシドーシスとアルカローシス|捨てる(3) 解剖生理学の面白さを知... [ 記事を読む ]

  • 体温の調節|調節する(5) [09/03up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、神経伝達物質・ホルモンについてのお話の5回目です。 〈前回の内容〉 血糖値・血圧の調節|調節する(4) 解剖生理学の面白さを知るため、... [ 記事を読む ]

  • 視覚のメカニズム――眼|感じる・考える(3) [09/10up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、神経系についてのお話の3回目です。 〈前回の内容〉 中枢神経と末梢神経|感じる・考える(2) 解剖生理学の面白さを知るため、情報を分析... [ 記事を読む ]

  • 神経細胞とグリア細胞|感じる・考える(1) [09/05up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、神経系についてのお話の1回目です。 〈前回の内容〉 体温の調節|調節する(5) 解剖生理学の面白さを知るため、体温を一定に保つための仕... [ 記事を読む ]

  • 血圧・血糖値・pHの調節|生体を維持する恒常性のはたらき(2) [12/17up]

    ナースのための解剖生理の解説書『身体のしくみとはたらき―楽しく学ぶ解剖生理』より 今回は、生体を維持する恒常性のはたらきから解剖生理を理解するお話の2回目です。 〈前回の内容〉 神経とホルモンによる調節|生体を維持する... [ 記事を読む ]

いちおし記事

禁断の呪文

夜勤終わり、ついつい唱えてしまう禁断の呪文とは? [ 記事を読む ]

PEGカテーテルの交換

PEGカテーテル交換時には腹腔内誤挿入に注意が必要です。ナースが知っておきたい介助・観察ポイントは? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

「師長自慢」ありますか?

投票数:
806
実施期間:
2018年07月20日 2018年08月17日

患者さんが亡くなってしまったとき、心をどんなふうにケアしてる?

投票数:
789
実施期間:
2018年07月24日 2018年08月21日

「モンスター患者」いますか?

投票数:
700
実施期間:
2018年07月31日 2018年08月21日

今年の猛暑、勤務中に困ったことは?

投票数:
952
実施期間:
2018年08月03日 2018年08月24日

「これで救急車呼んだの?!」な患者さん、経験ある?

投票数:
689
実施期間:
2018年08月02日 2018年08月24日

「これじゃ寝られない…」ヤバい仮眠室おしえて! 

投票数:
691
実施期間:
2018年08月10日 2018年08月31日

あなたの周りの最短退職者の記録教えて!

投票数:
420
実施期間:
2018年08月14日 2018年09月04日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者43

末梢静脈から抗がん剤を投与する際、注意することとして間違っているのは、以下のうちどれでしょうか?

  • 1.放射線治療を受けた部位の穿刺は避ける。
  • 2.利き手への穿刺は避ける。
  • 3.抗がん剤投与を繰り返している部位への穿刺は避ける。
  • 4.血管が見えている部位であれば、どこを穿刺しても構わない。
今日のクイズに挑戦!