1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 看護のためのからだの正常・異常>
  4. 心拍数と脈拍数は必ず同じなの?

2016年07月15日

心拍数と脈拍数は必ず同じなの?

解剖生理Q&A

看護師のための解剖生理の解説書『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。

〈前回〉

不整脈はなぜ起きるの?

今回は「心拍数と脈拍数」に関するQ&Aです。

 

心拍数と脈拍数は必ず同じなの?

正常では、心拍数と脈拍数は対応しています(図1)。心臓が収縮して血液を送り出す時の拍動と、動脈に圧力がかかるタイミングはほとんど同時で、1分間の回数も同じです。 

図1心電図と脈拍の関係

心電図と脈拍の関係

 

しかし、不整脈があると両者に差が生じてきます。

心臓が収縮して脈が生まれ、拡張期に心室に充満した血液が、再び心臓の収縮で駆出されて脈が生じます。この繰り返しのなかで、拡張期の時間が短いと心臓に十分な量の血液が満たされず、1回の拍出量が少なくなります。すると、脈は小さくなり、動脈で感知できなくなります。こうした場合、心拍数と脈拍数に差が出てきます。

心拍数と脈拍数に差が出るのは、期外収縮、頻脈、心房細動(しんぼうさいどう)などの不整脈が現れた場合です。

期外収縮は、本来の部位(洞房結節)以外のところから心臓を収縮させる刺激が出ることで発生します。脈拍測定をしていると脈が飛ぶ、脈が抜けるというように感じます。次の脈が大きくなるため、患者はドキンとしたというように表現することが多いようです。

1分間に150回以上という高度の頻脈の時に、心拍数と脈拍数に差が出るのは、全体的に脈拍が小さくなってカウントしにくくなるとともに、脈が交互に大きくなったり小さくなったりするためです。そのため、高度の頻脈では心拍数の半分しか脈拍を感知できなくなります。

心房細動を起こしている場合は、脈の大きさがバラバラになるため、心拍数と脈拍数の間に差が生じます。

 

〈次回〉

リンパは何のためにあるのだろう?

 

⇒〔解剖生理Q&A記事一覧〕を見る


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』(監修)山田幸宏/2016年2月刊行

看護のためのからだの正常・異常ガイドブック

 引用・参考文献

著作権について

この連載

  • なぜ消化する必要があるの? [08/04up]

    看護師のための解剖生理の解説書『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 〈前回〉 消化器とは何を指すの? 今回は「消化」に関するQ&Aです。   なぜ消化する必要があるの? 消化が必要なのは、... [ 記事を読む ]

  • 消化器とは何を指すの? [08/01up]

    看護師のための解剖生理の解説書『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 〈前回〉 リンパは何のためにあるのだろう? 今回は「消化器」に関するQ&Aです。   消化器とは何を指すの? 消化とは、... [ 記事を読む ]

  • 心拍数と脈拍数は必ず同じなの? [07/15up]

    看護師のための解剖生理の解説書『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 〈前回〉 不整脈はなぜ起きるの? 今回は「心拍数と脈拍数」に関するQ&Aです。   心拍数と脈拍数は必ず同じなの? 正常...

  • 不整脈はなぜ起きるの? [07/21up]

    看護師のための解剖生理の解説書『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 〈前回〉 脈拍測定で何が分かるの? 今回は「不整脈」に関するQ&Aです。   不整脈はなぜ起きるの? 脈が乱れる状態を不... [ 記事を読む ]

  • 運動や体位によって血圧はどう変化するの? [07/14up]

    看護師のための解剖生理の解説書『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 〈前回〉 高血圧はなぜ起きるの? 今回は「血圧の変化」に関するQ&Aです。 〈目次〉 1.運動をすると血圧はどう変化する... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 正常心電図|心電図とはなんだろう(4) [09/13up]

    心電図が苦手なナースのための解説書『アクティブ心電図』より。 今回は、正常心電図について解説します。 〈目次〉 はじめに 調律(リズム) 心拍数 P波の幅と高さ PQ間隔 QRS波 ST‒... [ 記事を読む ]

  • 心臓外科手術(開心術)後ドレナージ [08/27up]

    『ドレーン・カテーテル・チューブ管理完全ガイド』より転載。 今回は心臓外科手術(開心術)後ドレナージについて説明します。   〈目次〉 はじめに ドレーンの適応・目的 ドレーンの挿入経路・留置部... [ 記事を読む ]

  • 経皮的心肺補助装置:PCPS [10/22up]

    『ドレーン・カテーテル・チューブ管理完全ガイド』より転載。 今回は経皮的心肺補助装置(PCPS)について説明します。   《経皮的心肺補助装置(PCPS)について》 主な適応 ... [ 記事を読む ]

  • ペースメーカー装着患者の日常生活指導 [01/23up]

    心電図が苦手なナースのための解説書『アクティブ心電図』より。 〈前回の内容〉 ペースメーカ装着患者の観察ポイント   今回は、ペースメーカー装着患者の日常生活指導について解説します。 〈目次〉 ... [ 記事を読む ]

  • カテーテル前の看護ケアのポイントは? [07/24up]

    『循環器ナーシング』2014年7月号<ギモン解決!!カテーテル検査・治療Q&A>より抜粋。 カテーテル検査・治療前の看護ケアのポイントについて解説します。   Point 情報収集は,検査・治療に対する... [ 記事を読む ]

いちおし記事

ナースコールが多い人の特徴

ナースコールがないのは、平穏な証拠…とは限りません。 [ 記事を読む ]

栄養剤の投与で見るべきポイント、押さえました

栄養剤注入を「投与前」「投与中」「投与終了後」に分け、流れに沿って、それぞれの基本的な注意点・看護のポイントを解説します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

院内勉強会…。忙しくても「出席したい」と思うテーマは?

投票数:
1465
実施期間:
2017年11月28日 2017年12月19日

摘便って得意?

投票数:
568
実施期間:
2017年12月01日 2017年12月22日

インフルエンザの症状、何がいちばんツラい?

投票数:
553
実施期間:
2017年12月05日 2017年12月26日

「これは腰にくる…」どの場面が一番ツラい?

投票数:
497
実施期間:
2017年12月08日 2017年12月29日

仕事で使うボールペン、推しメーカーある?

投票数:
485
実施期間:
2017年12月12日 2018年01月02日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者336

Eちゃんは1歳の女児です。2日前より水分を飲んでは吐くということを繰り返し、10回程度嘔吐が認められています。末梢冷感があり、皮膚は浅黒く、ふだんと比べると、尿回数が少なく、8%の体重減少が見られました。Eちゃんの脱水症状の分類は次のうちどれでしょうか?

  • 1.軽度脱水
  • 2.中等度脱水
  • 3.重度脱水
  • 4.脱水ではない
今日のクイズに挑戦!