1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 根拠から学ぶ基礎看護技術>
  4. グレープフルーツと降圧剤の組み合わせが禁忌なのはなぜ?

2017年07月15日

グレープフルーツと降圧剤の組み合わせが禁忌なのはなぜ?

看護技術Q&A

『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。
今回は降圧剤の服用に関するQ&Aです。

グレープフルーツと降圧剤の組み合わせが禁忌なのはなぜ?

カルシウム拮抗剤はグレープフルーツジュースで服用すると、血中薬物濃度が上昇し副作用を生じることがあるためです。

 

 

カルシウム拮抗剤を阻害する因子とは

降圧剤のなかでもカルシウム拮抗剤では、グレープフルーツジュースで服用すると、カルシウム拮抗剤に対する分解酵素が、グレープフルーツジュース中のフラノクマリンという物質によって阻害されます。そして、血中の薬物濃度が上昇し、薬物による血管拡張作用が増強され、頭痛、顔面紅潮や動悸などの副作用が出現しやすくなります。

カルシウム拮抗剤のなかでも副作用が出やすいものと、影響の少ないものがあり、またグレープフルーツジュース以外の柑橘類のいくつかには類似した作用を生じるものがあり、服薬に際しては注意が必要です。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『新訂版根拠から学ぶ基礎看護技術』編著江口正信/2015年3月刊行

根拠から学ぶ基礎看護技術

引用・参考文献

著作権について

この連載

  • 麻薬を使用すると、吐き気や便秘が起こるのはなぜ? [08/12up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は麻薬の使用に関するQ&Aです。 麻薬を使用すると、吐き気や便秘が起こるのはなぜ? 麻薬によって嘔吐中枢が刺激されたり、消化管蠕動運動が抑制されるからです。 ... [ 記事を読む ]

  • カプセル剤は、カプセルから出して中身だけ服用してはいけないのはなぜ? [07/29up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回はカプセル剤服用に関するQ&Aです。 カプセル剤は、カプセルから出して中身だけ服用してはいけないのはなぜ? 薬効時間を保つため、あるいは胃腸障害などの副作用の発生... [ 記事を読む ]

  • グレープフルーツと降圧剤の組み合わせが禁忌なのはなぜ? [07/15up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は降圧剤の服用に関するQ&Aです。 グレープフルーツと降圧剤の組み合わせが禁忌なのはなぜ? カルシウム拮抗剤はグレープフルーツジュースで服用すると、血中薬物濃度が...

  • テトラサイクリン系の薬は、牛乳と一緒に服用してはいけないのはなぜ? [07/01up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は牛乳と服用してはいけない薬に関するQ&Aです。 テトラサイクリン系の薬は、牛乳と一緒に服用してはいけないのはなぜ? 牛乳にのなかのカルシウムとテトラサイクリン中... [ 記事を読む ]

  • 鉄剤を飲むと便が黒くなるのはなぜ? [06/17up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は鉄剤と便に関するQ&Aです。 鉄剤を飲むと便が黒くなるのはなぜ? 吸収されなかった鉄が消化管で酸化され、黒色となって便中に排泄されるためです。   ... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

産婦人科(産科・婦人科)看護師のお仕事とは?

産科にも看護師ならではのやりがいがたくさん!現場のリアルな声をご紹介します。 [ 記事を読む ]

閉鎖式気管吸引と開放式気管吸引、違いは何?

ポイントは、「吸引時に待機に開放するかどうか」です。 [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

人生の最期に食べたいものは?

投票数:
806
実施期間:
2018年01月02日 2018年01月23日

これは面白いと思う、医療がテーマの小説は?

投票数:
891
実施期間:
2018年01月05日 2018年01月26日

経口で摂取する栄養剤、食べた(or飲んだ)ことある?

投票数:
693
実施期間:
2018年01月09日 2018年01月30日

鎮痛薬・胃腸薬、常備してる?

投票数:
661
実施期間:
2018年01月12日 2018年02月02日

後輩にオススメしたい看護がテーマの書籍は?

投票数:
461
実施期間:
2018年01月16日 2018年02月06日

カーディガンの色、どれが好き?

投票数:
323
実施期間:
2018年01月19日 2018年02月09日

看護師へのタスク・シフティング、「もうやってるよ!」な業務は?

投票数:
478
実施期間:
2018年01月19日 2018年02月09日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者494

92歳の男性患者Aさんは誤嚥性肺炎で入院中です。全身の掻痒感が強く、ステロイド入り軟膏が処方されました。その後、Aさんの手掌は肥厚し、白く乾燥が強くなったため、疥癬を疑い、皮膚の顕微鏡検査にて角化型疥癬と診断されました。胸部には、掻痒感が強かったことによる掻き傷が数カ所に見受けられ、疥癬トンネルも確認されました。この後看護師が行う対応で、最も適切なものは以下のうちどれでしょうか?

  • 1.同室患者さんの皮膚状態を観察し、同室者全員への疥癬治療を検討する。
  • 2.Aさんの隔離は、皮膚症状が改善した時点で解除する。
  • 3.病室の清掃は落屑が飛び散らないよう、掃除機のみで行う。
  • 4. Aさんを隔離する場合、隔離後の寝具交換は、隔離前と同じタイミングで良い。
今日のクイズに挑戦!