1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 根拠から学ぶ基礎看護技術>
  4. グレープフルーツと降圧剤の組み合わせが禁忌なのはなぜ?

2017年07月15日

グレープフルーツと降圧剤の組み合わせが禁忌なのはなぜ?

看護技術Q&A

『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。
今回は降圧剤の服用に関するQ&Aです。

グレープフルーツと降圧剤の組み合わせが禁忌なのはなぜ?

カルシウム拮抗剤はグレープフルーツジュースで服用すると、血中薬物濃度が上昇し副作用を生じることがあるためです。

 

 

カルシウム拮抗剤を阻害する因子とは

降圧剤のなかでもカルシウム拮抗剤では、グレープフルーツジュースで服用すると、カルシウム拮抗剤に対する分解酵素が、グレープフルーツジュース中のフラノクマリンという物質によって阻害されます。そして、血中の薬物濃度が上昇し、薬物による血管拡張作用が増強され、頭痛、顔面紅潮や動悸などの副作用が出現しやすくなります。

カルシウム拮抗剤のなかでも副作用が出やすいものと、影響の少ないものがあり、またグレープフルーツジュース以外の柑橘類のいくつかには類似した作用を生じるものがあり、服薬に際しては注意が必要です。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『新訂版根拠から学ぶ基礎看護技術』編著江口正信/2015年3月刊行

根拠から学ぶ基礎看護技術

引用・参考文献

著作権について

この連載

  • 麻薬を使用すると、吐き気や便秘が起こるのはなぜ? [08/12up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は麻薬の使用に関するQ&Aです。 麻薬を使用すると、吐き気や便秘が起こるのはなぜ? 麻薬によって嘔吐中枢が刺激されたり、消化管蠕動運動が抑制されるからです。 ... [ 記事を読む ]

  • カプセル剤は、カプセルから出して中身だけ服用してはいけないのはなぜ? [07/29up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回はカプセル剤服用に関するQ&Aです。 カプセル剤は、カプセルから出して中身だけ服用してはいけないのはなぜ? 薬効時間を保つため、あるいは胃腸障害などの副作用の発生... [ 記事を読む ]

  • グレープフルーツと降圧剤の組み合わせが禁忌なのはなぜ? [07/15up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は降圧剤の服用に関するQ&Aです。 グレープフルーツと降圧剤の組み合わせが禁忌なのはなぜ? カルシウム拮抗剤はグレープフルーツジュースで服用すると、血中薬物濃度が...

  • テトラサイクリン系の薬は、牛乳と一緒に服用してはいけないのはなぜ? [07/01up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は牛乳と服用してはいけない薬に関するQ&Aです。 テトラサイクリン系の薬は、牛乳と一緒に服用してはいけないのはなぜ? 牛乳にのなかのカルシウムとテトラサイクリン中... [ 記事を読む ]

  • 鉄剤を飲むと便が黒くなるのはなぜ? [06/17up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は鉄剤と便に関するQ&Aです。 鉄剤を飲むと便が黒くなるのはなぜ? 吸収されなかった鉄が消化管で酸化され、黒色となって便中に排泄されるためです。   ... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

プリセプターの皆さん!新人との距離感に悩んでいませんか?

6月も終盤、今後の研修を有効活用するためのコツを伝授します。今年プリをやっているナース必見! [ 記事を読む ]

舌下錠の与薬

飲み込んだり、かみ砕いたりしてはいけないのはなぜ? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

話題の「奨学金破産」、どう思う?

投票数:
923
実施期間:
2018年06月05日 2018年06月26日

人生で一番「無駄な買い物」選手権!

投票数:
621
実施期間:
2018年06月15日 2018年07月06日

男性との“出会いの場”どこが一番多い?

投票数:
536
実施期間:
2018年06月19日 2018年07月10日

新人ナース限定! 先輩に言われた「キツ~い一言」は?

投票数:
648
実施期間:
2018年06月12日 2018年07月12日

救急車の有料化、いくらくらいなら「妥当」だと思う?

投票数:
390
実施期間:
2018年06月22日 2018年07月13日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1758

以下の二次救命処置についての説明で、最も正しいものはどれでしょうか?

  • 1.末梢からの静脈路が確保できない場合は、医師に中心静脈路の確保を依頼する。
  • 2.アドレナリンは 1 回0.5mgを静脈内投与し、3~5分間隔で追加投与する。
  • 3.心肺蘇生中の気管チューブの位置確認には、呼気CO2モニターは必要がない。
  • 4.気管挿管後は、胸骨圧迫と人工呼吸は非同期とし、連続した胸骨圧迫を行う。
今日のクイズに挑戦!