1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 根拠から学ぶ基礎看護技術>
  4. 脈拍の左右差を確認するのはなぜ?

2016年05月20日

脈拍の左右差を確認するのはなぜ?

看護技術Q&A

『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。
今回は脈拍の左右差に関するQ&Aです。

脈拍の左右差を確認するのはなぜ?

脈拍の左右差がある場合、拍動が弱い側の動脈狭窄などが疑われます。

 

動脈狭窄の原因とは

通常異常のない状態であれば、脈拍の左右差はほとんどありませんが、縦隔(へ進展する)腫瘍による圧迫や、大動脈炎症候群、動脈瘤、鎖骨下動脈狭窄症などでは、動脈の狭窄を生じた側の拍動が弱くなります。脈拍の上下差を生じる場合もありますが、これも解離性大動脈瘤、大動脈狭窄、血栓や塞栓などが原因となります。

 

⇒この〔連載記事一覧〕を見る

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『新訂版根拠から学ぶ基礎看護技術』編著江口正信/2015年3月刊行

根拠から学ぶ基礎看護技術

引用・参考文献

著作権について

この連載

  • 年齢により脈拍数が違うのはなぜ? [05/27up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は年齢と脈拍数の関係についてのQ&Aです。 年齢により脈拍数が違うのはなぜ? 新生児から小・中学生までは基礎代謝量が高く、成人から高齢者にかけて漸減するためです。... [ 記事を読む ]

  • 脈拍測定時、首を曲げたり回したりしてはいけないのはなぜ? [05/24up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は脈拍測定に関するQ&Aです。 脈拍測定時、首を曲げたり回したりしてはいけないのはなぜ? 鎖骨によって鎖骨下動脈が押さえられ、橈骨動脈まで脈波が伝わらなくなること... [ 記事を読む ]

  • 脈拍の左右差を確認するのはなぜ? [05/20up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は脈拍の左右差に関するQ&Aです。 脈拍の左右差を確認するのはなぜ? 脈拍の左右差がある場合、拍動が弱い側の動脈狭窄などが疑われます。   動脈狭...

  • 脈拍数と心拍数が異なる場合があるのはなぜ? [05/17up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は脈の欠損(結滞)に関するQ&Aです。 脈拍数と心拍数が異なる場合があるのはなぜ? 心臓が拍動しているにも拘らず、循環血液量が減少しているか、心室に十分な血液量が... [ 記事を読む ]

  • 脈拍は、一般に橈骨動脈で測定するのはなぜ? [05/13up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は脈拍測定に関するQ&Aです。 脈拍は、一般に橈骨動脈で測定するのはなぜ? 皮膚に近い部位にあり、走行部位の個人差が比較的少なく、衣服におおわれることが少ないため... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

看護roo!サロンで同年代ナースとおしゃべり♪

「他の病院はどうなんだろ?」そんな疑問もお互い話せるチャンス♡ [ 記事を読む ]

血圧測定のときに注意するべきことは?

血圧測定はナースにとってキホンの仕事。だからこそ注意しておきたいポイントを解説します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

病院で好きな場所はどこ?

投票数:
1300
実施期間:
2019年05月03日 2019年05月24日

自分が描いていた理想の看護師になれている?

投票数:
1112
実施期間:
2019年05月10日 2019年05月31日

【新人限定】「配属先、いつ決まった?」

投票数:
768
実施期間:
2019年05月14日 2019年06月04日

ケアの優先順位(多重課題)で困った経験はある?

投票数:
989
実施期間:
2019年05月14日 2019年06月05日

看護書や医学書で見かける表現で「これどういう意味?」なものある?

投票数:
947
実施期間:
2019年05月17日 2019年06月07日

伸び悩んでる新人、どうやって褒めてる?

投票数:
630
実施期間:
2019年05月21日 2019年06月11日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者183

90歳代男性、脳血管障害で加療後、肺炎で入院しました。自力で体位変換できず、看護師による体位変換をしています。栄養は経鼻経管栄養です。あなたは、この患者さんの保清中に上腕の皮膚裂傷を発見しました。この患者さんに適していないケアは以下のうちどれでしょうか?

  • 1.皮膚裂傷を生じているため、皮膚・排泄ケア認定看護師に相談をし、創傷処置を一緒に行う。
  • 2.創傷ケアを行い、体位変換時は四肢を支えながら行った。
  • 3.スキンケアを見直し、皮膚の保湿を重点的に行った。
  • 4.患者さんの栄養について管理栄養士に相談した。
今日のクイズに挑戦!