1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. ナースのためのアクティブ心電図>
  4. 電解質異常の心電図|各疾患の心電図(10)

2015年12月29日

電解質異常の心電図|各疾患の心電図(10)

心電図が苦手なナースのための解説書『アクティブ心電図』より。
今回は、電解質異常の心電図について解説します。

 

〈前回の内容〉

肺高血圧症~肺性心の心電図

 

〈目次〉

 

電解質異常とは何か

電解質はいわゆるミネラルで、体内にはナトリウム、カリウム、カルシウム、リンなどさまざまな電解質が存在していますが、心電図に影響が大きく、かつ日常問題になる電解質として、ここでは、カリウム(K)とカルシウム(Ca)について説明します。

体内の電解質には、適正な濃度があって、増えすぎたり減りすぎたりすると、生命活動がうまくいかなくなります。通常は腎臓を中心にこの適正濃度を維持していますが、腎機能低下やホルモン異常などで、電解質濃度に異常をきたすことがあります。

 

電解質異常の心電図所見は

高カリウム血症(血清カリウム>5.5mEq/L)

高カリウム血症では、心筋の興奮からの回復時間が短くなり、QT間隔が短縮するとともに、特徴的なテント状T波が出現します(図1)。

図1高カリウム血症の心電図

高カリウム血症の心電図

 

これは字のごとくで左右対称の尖った背の高いT波で、カリウム濃度がさらに増加すると、心臓内での電気信号の伝導も悪くなり、心房での伝導障害によってP波が小さくなってやがて消失してし、徐脈となります。心室内の伝導障害を反映してQRS波の幅が広くなります。幅広QRS波の徐脈から心停止に至ることがありペーシングが必要になります。

 

低カリウム血症(血清カリウム<3.5mEq/L)

低カリウム血症では、U波の出現、増高が特徴的です。T波の平坦化、陰性化が見られます。またSTも低下し虚血性心疾患と紛らわしい場合もあります。カリウム濃度が著しく低下し、U波が大きくなり、U波がT波と融合してしまうと、QT間隔とU波の区別がつかないTU波となります(図2)。このQT間隔(U波)の延長は、トルサード・ド・ポアンツや心室細動などの重症不整脈を誘発するので要注意です。

図2低カリウム血症の心電図

低カリウム血症の心電図

 

高カルシウム血症(血清カルシウム>10mg/dL)

高カルシウム血症では、高カリウム血症と同様QT時間が短縮しますが、T波の幅は変化せず、ST部分がなくなってしまうのが特徴です。つまり、QRS波からそのままT波に移行します(図3)。心筋の興奮性が高まって期外収縮は増えるかもしれませんが、通常は重症不整脈には至らないようです。

図3高カルシウム血症の心電図

高カルシウム血症の心電図

 

低カルシウム血症(血清カルシウム<8.5mg/dL)

低カルシウム血症では、低カリウム血症と同様QT延長が特徴ですが、違いは、低カリウム血症ではT波全体が延長しU波とともにQT(U波)延長として見られるのに対して、低カルシウム血症ではT波の幅は変化せずST部分が延長するQT延長です(図4)。QTの延長自体は低カリウム血症と同じく、致死性の心室性不整脈を起こしやすいので注意が必要です。

図4低カルシウム血症の心電図

低カルシウム血症の心電図

 

電解質異常の注意点は

電解質濃度の補正が治療になりますが、合わせてモニター心電図を注意深く観察し、不整脈対策が必要です。高カリウム血症で徐脈が高度なら、一時的なペースメーカーを行います。低カリウム血症、低カルシウム血症はQT延長から致死性の心室性不整脈(トルサード・ド・ポアンツ)をきたすことがあるので、注意しましょう。

電解質異常(カリウム、カルシウム)の心電図

  • 高カリウム血症:QT間隔の短縮、T波増高(テント状T波)、伝導障害(心房、房室結節、心室)
  • 低カリウム血症:QT間隔の延長、T波平坦化・陰性化、ST低下、U波の増高
  • 高カルシウム血症:QT間隔の短縮(T波幅不変・STの短縮)
  • 低カルシウム血症:QT間隔の延長(T波幅不変・STの延長)

 

〈次回〉

薬剤による心電図変化|各疾患の心電図の特徴(11)

 

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『ナースのためのアクティブ心電図』(著者)田中喜美夫/2014年3月刊行

ナースのためのアクティブ心電図

著作権について

この連載

  • 甲状腺機能異常の心電図|各疾患の心電図の特徴(12) [01/06up]

    心電図が苦手なナースのための解説書『アクティブ心電図』より。 今回は、甲状腺機能異常の心電図について解説します。 〈前回〉 薬剤による心電図変化   〈目次〉 甲状腺機能亢進症 甲状腺機能低下症 ... [ 記事を読む ]

  • 薬剤による心電図変化|各疾患の心電図の特徴(11) [01/02up]

    心電図が苦手なナースのための解説書『アクティブ心電図』より。 今回は、薬剤による心電図変化について解説します。 〈前回〉 電解質異常の心電図|各疾患の心電図(10)   〈目次〉 どんな薬剤が心... [ 記事を読む ]

  • 電解質異常の心電図|各疾患の心電図(10) [12/29up]

    心電図が苦手なナースのための解説書『アクティブ心電図』より。 今回は、電解質異常の心電図について解説します。   〈前回の内容〉 肺高血圧症~肺性心の心電図   〈目次〉 電解質異常とは何...

  • 肺高血圧症~肺性心の心電図|各疾患の心電図(9) [12/25up]

    心電図が苦手なナースのための解説書『アクティブ心電図』より。 今回は、肺高血圧症~肺性心の心電図について解説します。   〈前回の内容〉 急性肺血栓塞栓症~急性肺性心の心電図   〈目次〉 ... [ 記事を読む ]

  • 急性肺血栓塞栓症~急性肺性心の心電図|各疾患の心電図(8) [12/20up]

    心電図が苦手なナースのための解説書『アクティブ心電図』より。 今回は、急性肺血栓塞栓症~急性肺性心の心電図について解説します。   〈前回の内容〉 急性心膜炎の心電図   〈目次〉 どんな... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 心房粗動|P波が見つからない心電図(3) [05/04up]

    看護師のための心電図の解説書『モニター心電図なんて恐くない』より。   〈前回の内容〉 心房細動 今回は、心房粗動について解説します。   〈目次〉 心房粗動とは 心房粗動のまとめ... [ 記事を読む ]

  • 上室性期外収縮の出現の仕方による分類|洞性P波から読み解く不整脈(7) [04/03up]

    看護師のための心電図の解説書『モニター心電図なんて恐くない』より。 〈前回の内容〉 上室性期外収縮の出現タイミングによる心電図変化 今回は、上室性期外収縮についての3回目、上室性期外収縮の出現の仕方による分類につい... [ 記事を読む ]

  • 高度房室ブロック [06/08up]

    看護師のための心電図の解説書『モニター心電図なんて恐くない』より。 〈前回の内容〉 3度房室ブロック(完全房室ブロック)   今回は、高度房室ブロックについての解説です。   高度房室ブロック ... [ 記事を読む ]

  • 2度房室ブロック [05/25up]

    看護師のための心電図の解説書『モニター心電図なんて恐くない』より。 〈前回の内容〉 1度房室ブロック 今回は、PQ間隔が長い、P波のあとにQRS波がない心電図の解説の2回目です。   〈目次〉 ... [ 記事を読む ]

  • モニター心電図の装着法 [02/13up]

    看護師のための心電図の解説書『モニター心電図なんて恐くない』より。 〈前回の内容〉 心臓の電気伝導の性質 今回は、モニター心電図の装着法について解説します。   〈目次〉 モニター心電図の誘... [ 記事を読む ]

いちおし記事

「摘便」のコツと「浣腸」併用時の注意点

便の硬さによって指の使い方を変えること。浣腸使用のリスクを理解すること。 [ 記事を読む ]

結核疑いの患者さんは「◯◯室」に入室。さて、◯◯に入るのは?

結核は、集団感染が起こりやすい疾患の一つです。集団感染を引き起こさないために、結核の疑いのある患者さんにはどのような部屋に入ってもらうでしょうか?検査法などとともに解説します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

夜勤手当、いくらが妥当?

投票数:
629
実施期間:
2017年11月24日 2017年12月15日

院内勉強会…。忙しくても「出席したい」と思うテーマは?

投票数:
1396
実施期間:
2017年11月28日 2017年12月19日

摘便って得意?

投票数:
534
実施期間:
2017年12月01日 2017年12月22日

インフルエンザの症状、何がいちばんツラい?

投票数:
503
実施期間:
2017年12月05日 2017年12月26日

「これは腰にくる…」どの場面が一番ツラい?

投票数:
425
実施期間:
2017年12月08日 2017年12月29日

仕事で使うボールペン、推しメーカーある?

投票数:
273
実施期間:
2017年12月12日 2018年01月02日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者3775

1歳6か月のCくんは、発熱で入院中です。活気もあり、夕食をとった後、入眠していましたが、痙攣が出現していると付き添っている母親からナースコールがありました。次の中で、看護師であるあなたが最も優先して取るべき対応はどれでしょうか?

  • 1.患児に大声で声をかけ、身体をたたいて意識を戻す。
  • 2.眼球の位置や手足の状態を見て、発作の持続時間を確認しながら気道を確保する。
  • 3.舌をかまないよう指やタオルを入れる。
  • 4.抗痙攣薬の準備をする。
今日のクイズに挑戦!