1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. ナースのためのアクティブ心電図>
  4. 電解質異常の心電図|各疾患の心電図(10)

2015年12月29日

電解質異常の心電図|各疾患の心電図(10)

心電図が苦手なナースのための解説書『アクティブ心電図』より。
今回は、電解質異常の心電図について解説します。

 

〈前回の内容〉

肺高血圧症~肺性心の心電図

 

〈目次〉

 

電解質異常とは何か

電解質はいわゆるミネラルで、体内にはナトリウム、カリウム、カルシウム、リンなどさまざまな電解質が存在していますが、心電図に影響が大きく、かつ日常問題になる電解質として、ここでは、カリウム(K)とカルシウム(Ca)について説明します。

体内の電解質には、適正な濃度があって、増えすぎたり減りすぎたりすると、生命活動がうまくいかなくなります。通常は腎臓を中心にこの適正濃度を維持していますが、腎機能低下やホルモン異常などで、電解質濃度に異常をきたすことがあります。

 

電解質異常の心電図所見は

高カリウム血症(血清カリウム>5.5mEq/L)

高カリウム血症では、心筋の興奮からの回復時間が短くなり、QT間隔が短縮するとともに、特徴的なテント状T波が出現します(図1)。

図1高カリウム血症の心電図

高カリウム血症の心電図

 

これは字のごとくで左右対称の尖った背の高いT波で、カリウム濃度がさらに増加すると、心臓内での電気信号の伝導も悪くなり、心房での伝導障害によってP波が小さくなってやがて消失してし、徐脈となります。心室内の伝導障害を反映してQRS波の幅が広くなります。幅広QRS波の徐脈から心停止に至ることがありペーシングが必要になります。

 

低カリウム血症(血清カリウム<3.5mEq/L)

低カリウム血症では、U波の出現、増高が特徴的です。T波の平坦化、陰性化が見られます。またSTも低下し虚血性心疾患と紛らわしい場合もあります。カリウム濃度が著しく低下し、U波が大きくなり、U波がT波と融合してしまうと、QT間隔とU波の区別がつかないTU波となります(図2)。このQT間隔(U波)の延長は、トルサード・ド・ポアンツや心室細動などの重症不整脈を誘発するので要注意です。

図2低カリウム血症の心電図

低カリウム血症の心電図

 

高カルシウム血症(血清カルシウム>10mg/dL)

高カルシウム血症では、高カリウム血症と同様QT時間が短縮しますが、T波の幅は変化せず、ST部分がなくなってしまうのが特徴です。つまり、QRS波からそのままT波に移行します(図3)。心筋の興奮性が高まって期外収縮は増えるかもしれませんが、通常は重症不整脈には至らないようです。

図3高カルシウム血症の心電図

高カルシウム血症の心電図

 

低カルシウム血症(血清カルシウム<8.5mg/dL)

低カルシウム血症では、低カリウム血症と同様QT延長が特徴ですが、違いは、低カリウム血症ではT波全体が延長しU波とともにQT(U波)延長として見られるのに対して、低カルシウム血症ではT波の幅は変化せずST部分が延長するQT延長です(図4)。QTの延長自体は低カリウム血症と同じく、致死性の心室性不整脈を起こしやすいので注意が必要です。

図4低カルシウム血症の心電図

低カルシウム血症の心電図

 

電解質異常の注意点は

電解質濃度の補正が治療になりますが、合わせてモニター心電図を注意深く観察し、不整脈対策が必要です。高カリウム血症で徐脈が高度なら、一時的なペースメーカーを行います。低カリウム血症、低カルシウム血症はQT延長から致死性の心室性不整脈(トルサード・ド・ポアンツ)をきたすことがあるので、注意しましょう。

電解質異常(カリウム、カルシウム)の心電図

  • 高カリウム血症:QT間隔の短縮、T波増高(テント状T波)、伝導障害(心房、房室結節、心室)
  • 低カリウム血症:QT間隔の延長、T波平坦化・陰性化、ST低下、U波の増高
  • 高カルシウム血症:QT間隔の短縮(T波幅不変・STの短縮)
  • 低カルシウム血症:QT間隔の延長(T波幅不変・STの延長)

 

〈次回〉

薬剤による心電図変化|各疾患の心電図の特徴(11)

 

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『ナースのためのアクティブ心電図』(著者)田中喜美夫/2014年3月刊行

ナースのためのアクティブ心電図

著作権について

この連載

  • 甲状腺機能異常の心電図|各疾患の心電図の特徴(12) [01/06up]

    心電図が苦手なナースのための解説書『アクティブ心電図』より。 今回は、甲状腺機能異常の心電図について解説します。 〈前回〉 薬剤による心電図変化   〈目次〉 甲状腺機能亢進症 甲状腺機能低下症 ... [ 記事を読む ]

  • 薬剤による心電図変化|各疾患の心電図の特徴(11) [01/02up]

    心電図が苦手なナースのための解説書『アクティブ心電図』より。 今回は、薬剤による心電図変化について解説します。 〈前回〉 電解質異常の心電図|各疾患の心電図(10)   〈目次〉 どんな薬剤が心... [ 記事を読む ]

  • 電解質異常の心電図|各疾患の心電図(10) [12/29up]

    心電図が苦手なナースのための解説書『アクティブ心電図』より。 今回は、電解質異常の心電図について解説します。   〈前回の内容〉 肺高血圧症~肺性心の心電図   〈目次〉 電解質異常とは何...

  • 肺高血圧症~肺性心の心電図|各疾患の心電図(9) [12/25up]

    心電図が苦手なナースのための解説書『アクティブ心電図』より。 今回は、肺高血圧症~肺性心の心電図について解説します。   〈前回の内容〉 急性肺血栓塞栓症~急性肺性心の心電図   〈目次〉 ... [ 記事を読む ]

  • 急性肺血栓塞栓症~急性肺性心の心電図|各疾患の心電図(8) [12/20up]

    心電図が苦手なナースのための解説書『アクティブ心電図』より。 今回は、急性肺血栓塞栓症~急性肺性心の心電図について解説します。   〈前回の内容〉 急性心膜炎の心電図   〈目次〉 どんな... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • ペースメーカーの心電図 [08/03up]

    看護師のための心電図の解説書『モニター心電図なんて恐くない』より。 〈前回の内容〉 ペースメーカーの種類と適応 今回は、ペースメーカーの心電図について解説します。   〈目次〉 ペースメーカ... [ 記事を読む ]

  • ペースメーカーの観察 [08/10up]

    看護師のための心電図の解説書『モニター心電図なんて恐くない』より。 〈前回の内容〉 ペースメーカーの心電図 今回は、ペースメーカーの観察について解説します。 〈目次〉 ペースメーカー手術手技に関連... [ 記事を読む ]

  • 期外収縮 [12/11up]

    『循環器ナーシング』2011年9月号<基礎から学び看護に活かす心電図・不整脈の3ステップ >より抜粋。 期外収縮について解説します。   Point 上室期外収縮と心室期外収縮をQRS波の幅で鑑別する.... [ 記事を読む ]

  • 高度房室ブロック [06/08up]

    看護師のための心電図の解説書『モニター心電図なんて恐くない』より。 〈前回の内容〉 3度房室ブロック(完全房室ブロック)   今回は、高度房室ブロックについての解説です。   高度房室ブロック ... [ 記事を読む ]

  • 上室性頻拍 [04/06up]

    『循環器ナーシング』2011年9月号<基礎から学び看護に活かす心電図・不整脈の3ステップ>より抜粋。 上室性頻拍について解説します。   Point 心室頻拍の心電図は,異所性のP波が規則的に高頻度に出... [ 記事を読む ]

いちおし記事

過去のいじめで

浜田師長のいじめの後遺症で今も苦しむ看護師と面会するもも子。そこで語られたこととは… [ 記事を読む ]

神経所見のとり方

感覚障害を診察する場合、①左右差、②上肢と下肢の差、③近位部と遠位部の差に注意し、評価します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

「看護師になりたい」と伝えた時、親はどういう反応だった?

投票数:
920
実施期間:
2018年04月06日 2018年04月27日

腰椎穿刺検査後の安静、どうしてる?

投票数:
776
実施期間:
2018年04月10日 2018年05月01日

一番好きな看護方式はどれ?

投票数:
784
実施期間:
2018年04月13日 2018年05月04日

ゴールデンウィーク、今年は何日?

投票数:
710
実施期間:
2018年04月17日 2018年05月08日

院内恋愛、もしするならどの職種がいい?

投票数:
673
実施期間:
2018年04月20日 2018年05月11日

ドラマ『ブラック・ペアン』どの医師が好き?

投票数:
351
実施期間:
2018年04月24日 2018年05月15日

自分の子どもになってほしい職業は?

投票数:
29
実施期間:
2018年04月26日 2018年05月17日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者3286

65歳男性のAさんは、1年前より徐々に排尿困難を自覚するようになり、来院しました。検査の結果、前立腺特異抗原(PSA)8.3ng/mLで前立腺右葉にガンを認めたため、手術目的で入院となりました。入院3日後、根治的前立腺全摘除術が行われ、膀胱尿道吻合部にドレーンを1本、膀胱内留置カテーテル(固定水10mL)が留置されています。術後2日目にAさんから「手術してからずっと尿意が続いている。管を抜いてほしい」と訴えがありました。受け持ちであるあなたの対応として最も正しいのは次のうちどれでしょうか?

  • 1.本人の希望を尊重し、膀胱留置カテーテルを抜去した。
  • 2.管が太いために違和感が強いのだろうと判断し、細い膀胱留置カテーテルに入れ替えた。
  • 3.尿意の原因は尿管カテーテルの閉塞であると判断し、まず下腹部を押して尿の排泄を促した。
  • 4.抜去できない理由を説明し、Aさんに協力を依頼した。
今日のクイズに挑戦!