沐浴槽への入れ方 | 新生児の沐浴【2】

【監修】

筑波大学附属病院 看護部

小山記念病院 看護部

 

沐浴槽への入れ方

(1)左手の親指と中指を使い、新生児の頭頸部を固定する

(2)右手は股間から臀部を固定し、この状態で抱き上げるようにする

■ポイント■

・手のひらに新生児のアタマを載せるような方法は、落下の危険性があるため、必ず親指と中指を使って固定するようにする

・耳は必要に応じて塞ぐようにする

 

沐浴槽への入れ方

(1)足から臀部という順序で、下肢の末梢からお湯につけるようにする

(2)新生児の股間から臀部にかけて当てていた右手をはずし、全身にお湯をかけるようにする

(3)左手の親指と中指を使って新生児の頭頸部を固定し、落下の危険性を極力回避しながら沐浴をおこなう

 

沐浴槽へ入れるタイミング

・授乳直後の満腹時や、空腹時の時間帯は避ける

・授乳時間や母親の状況を確認して実施時間を決定するようにする

新生児の全身観察をあわせて行う場合は、その時間も考慮に入れて全身清拭の時間を決めるようにする

この記事をシェアしよう

関連動画

カテゴリから探す

動画でわかる看護技術トップへ