ビギーバック法 | 点滴静脈注射の混注方法【3】

【監修】

公立南丹病院 看護部

 

「ビギーバック法」の実施手順

(1)薬剤投与の目的と方法を患者さん本人に説明する

(2)三方活栓の接続部をアルコール綿で消毒する

(3)側管から投与する薬剤の輸液セットを接続する

(4)三方活栓のつまみを回して側管側からの投与できる状態にする

(5)患者さんに気分や体調を確認しながら滴下速度を調整する

■ポイント■

側管から薬剤を投与することにより、メインの輸液の滴下速度が変化することがありますので、最後は必ずメインと側管の両方の滴下速度を確認するようにする

①メイン⇒②側管⇒③メインという順序で追い込むように滴下速度を調整する

SNSシェア

関連動画

カテゴリから探す

動画でわかる看護技術トップへ