閉鎖式三方活栓の側管注 | 点滴静脈注射の混注方法【2】

【監修】

公立南丹病院 看護部

 

「閉鎖式三方活栓の側管注」の実施手順

(1)薬剤投与の目的と方法を患者さん本人に説明する

(2)三方活栓の接続部をアルコール綿で消毒する

(3)準備した薬液が入った注射器を接続する

(4)三方活栓のつまみを患者と注射器が交通するように回転(交通)させる

■ポイント■

三方活栓はL型とR型がある

 L型:メインと側管のどちらか一方のみから輸液するタイプ

 R型:メインと側管のどちらか一方、もしくは両方から輸液できるタイプ

 

(5)注射器のエア抜きをおこなう

(6)ゆっくりと薬液を注入する

⇒疼痛の原因になるため、急いで注入しないようにする

(7)薬液を注入したら、三方活栓のツマミを元のように回転してもどし、メインの輸液を再開する

(8)注射器をはずし、接続部に付着している薬液を拭き取る

⇒薬液が残っていると雑菌が繁殖する可能性がある

SNSシェア

関連動画

カテゴリから探す

動画でわかる看護技術トップへ