喉のアイスマッサージ | 摂食・嚥下訓練【8】

【監修】

筑波大学附属病院 看護部

小山記念病院 看護部

 

「喉のアイスマッサージ」の目的

・前口蓋弓や舌根部、咽頭後壁のマッサージにより、嚥下反射を誘発する
・嚥下反射誘発部位に刺激し、感覚の感受性を高める
・口腔内を刺激し、唾液の分泌を促進する
・食事前の準備運動に適する

 

「喉のアイスマッサージ」の使用物品

凍らせた綿(割り箸など安全で折れにくい棒に綿を巻いたものが良い)

水と氷

容器

ガーゼやタオル

 

「舌の他動運動」の実施手順

(1)患者さんに、アイスマッサージの目的と方法を伝え、同意を得る

(2)患者さんに楽な座位の姿勢をとってもらう

(3)舌の先から、少しずつ中へ触れ、舌根、前口蓋弓、軟口蓋を撫でたり押したりしてマッサージする

■ポイント■

この際、いきなり喉の奥を刺激すると、嘔吐反射を引き起こすことがあるので、注意する

 

(4)綿棒を取り出し、患者さんに、口を閉じて空嚥下をしてもらう

■ポイント■

このとき、喉頭が上下に動くのを確認するのがポイント

 

(5)このマッサージを数回繰り返す

この記事をシェアしよう

関連動画

カテゴリから探す

動画でわかる看護技術トップへ