血圧測定(聴診法) | バイタルサイン【7】

【監修】

公立南丹病院 看護部

 

バイタルサイン「血圧測定(触診法)」実施手順

■ポイント■

高血圧や動脈硬化が疑われる患者さんの場合、「聴診法」と「触診法」を併用することで、正確な収縮期血圧を計ることができる

(1)上腕を露出させ、上腕動脈の位置を走行を触診で確認する

(2)ゴム嚢の中央を上腕動脈に当てて、マンシェットの下縁が肘窩の2cm~3cm程度上になるように巻く

■ポイント■

マンシェットは指が2本程度入るくらいの強さで巻く

(3)聴診器のチェストピースを上腕動脈の拍動が得られる部位に当てる

(4)平常時の収縮期血圧より20mmHg程度高い値まで加圧する

(5)徐々に空気を抜きながら、毎秒2~3mmHg程度で、ゆっくりと圧を下げる

(6)拍動を触れはじめたときの目盛を読み、記録する

■ポイント■

・コルトコフ音が聞こえた時の目盛を収縮期血圧として読み取る

・さらにコロトコフ音が消えた点の目盛を、拡張期血圧として読み取る

(7)計測が終了したら、空気を抜いてマンシェットをはずす

SNSシェア

関連動画

カテゴリから探す

動画でわかる看護技術トップへ