吸入療法の実施方法 | 薬液吸入【4】

【監修】

公立南丹病院 看護部

 

吸入療法の実施

(1)患者さんに目的と実施内容、方法、所要時間について説明する

 

(2)呼吸しやすいように座位やファウラー位をとってもらう

ポイント 呼吸が楽な座位やファウラー位をとる

   

(3)患者さんに、マウスピースをくわえてもらう

 

(4)風量や噴霧量などを調整し、吸入を開始

 

■ポイント■

必ず患者さんの頭部より低い位置にネブライザー本体を設置する

⇒高い位置にあると、ホースにたまった生理食塩水や薬液が、液体になって患者さんの口のなかに流れ込んでしまう危険性あり

ポイント 頭部より下にネブライザーを置く

 

吸入療法:実施中の注意点

●吸入中は患者さんの身近にティッシュペーパーなどを置いておくようにする

●吸入中は気管を直接刺激するため、何か異変などがあれば、ナースコールで呼んでもらうよう、患者さんに注意を促しておく 

SNSシェア

関連動画

カテゴリから探す

動画でわかる看護技術トップへ