心筋疾患の分類

『本当に大切なことが1冊でわかる循環器』より転載。
今回は心筋疾患の分類について解説します。

 

小野木晃
新東京病院看護部

 

〈目次〉

 

 

心筋疾患はどんな疾患?

心筋疾患とは、心筋に構造的異常をきたし、心臓のポンプ機能の低下を認める疾患の総称です。突発性心筋症特定心筋症に分類することができます。心筋疾患の代表的なものに、肥大型心筋症(HCM)、拡張型心筋症(DCM)があります(図1)。

 

図1正常な心臓と心筋疾患

正常な心臓と心筋疾患

 

 

 

 

疾患理解のポイント

心筋の病気で、心筋が肥大したり線維化したりすることにより、心機能障害が生じる疾患です。心臓のポンプ機能が低下しているため、心不全に至ることを念頭におきましょう。

 

 

治療のポイント

突然死を防ぐ治療が実施されます。また、治療は一般的な心不全の治療と同じになります。

 

 

看護のポイント

患者さんの心機能の状態に合わせた援助が必要になります。心負荷がかからないような生活援助を考えましょう。不整脈が出現しやすいため、注意が必要です。

 

 

どうやって分類するの?

心筋症は特発性心筋症特定心筋症に分類することができます(表1)。

 

特発性心筋症とは、高血圧や冠動脈疾患など明らかな原因がない心筋疾患の総称です。いわゆる原因不明の心筋疾患です。しかし、近年の遺伝学進歩により、次々と心筋症の病因遺伝子異常が同定されてきています。

 

特定心筋症とは、原因または全身疾患との関連が明らかな心筋疾患の総称です。

 

表1特発性心筋症と特定心筋症の分類

特発性心筋症と特定心筋症の分類

 

★1 肥大型心筋症(HCM)(近日公開)
★2 拡張型心筋症(DCM)(近日公開)
※1 拘束型心筋症(RCM)
※2 不整脈原性右室心筋症(ARVC)

 

ヨーロッパ心臓病学会(ESC)の分類(2008年)では、すべての病型を、形態的・機能的特徴によって5つに分け、それぞれを遺伝性・非遺伝性に分類しています(図2)。

 

図2ヨーロッパ心臓病学会(ESC)の分類(2008年)

ヨーロッパ心臓病学会(ESC)の分類(2008年)
 

 


[memo]

  • ※1 拘束型心筋症(RCM)(上へ戻る
    左室心筋が線維化して硬化、左心室の拡張機能障害が生じる疾患。心肥大は伴わず、収縮機能は正常である。
  • ※2 不整脈原性右室心筋症(ARVC)(上へ戻る
    右心室の拡大と機能低下、右室起源の心室不整脈が生じる疾患。若年者の突然死の原因となる。

 


文献

 


本連載は株式会社照林社の提供により掲載しています。

 

書籍「本当に大切なことが1冊でわかる 循環器」のより詳しい特徴、おすすめポイントはこちら

 

> Amazonで見る  > 楽天で見る

 

[出典] 『本当に大切なことが1冊でわかる 循環器 第2版』 編集/新東京病院看護部/2020年2月刊行/ 照林社

この記事をシェアしよう

看護知識トップへ