回腸ストーマの特徴と観察ポイントは?

『ストーマ術後ケア まるっとわかるQ&A95』より転載。
今回は、回腸ストーマの特徴と観察ポイントについて解説します。

 

回腸ストーマの特徴と観察ポイントは?

 

回腸ストーマは直腸がんの低位前方切除術の縫合不全予防や,炎症性腸疾患で大腸全摘出術となった場合などに造設されます.
右下腹部に造設することが多く,排泄物は水様から泥状となり,結腸ストーマに比べて漏れや皮膚トラブルが起こりやすいといえます.

 

解説

小腸腹腔内に遊離されているため比較的ストーマ造設が容易であるといわれています.

 

回腸ストーマは,直腸がんの低位前方切除術のカバーリングストーマ(吻合部の縫合不全予防のためのストーマ)の際に一時的ループストーマとして造設されたり,炎症性腸疾患の大腸全摘出術の場合に単孔式ストーマとして造設されます(図1).

 

図1回腸ストーマ

回腸ストーマ

 

健常な状態では,消化管の水分吸収は95%が小腸で,4%が大腸で行われ,1%が便中に排泄されます.

 

回腸ストーマから排出される便は,大腸で水分吸収がされる前に排出されるため,水分を多く含み量が多く,同時にアルカリ性の消化酵素に富んでいます.

 

そのため,ストーマ装具からの漏れを生じやすい,皮膚に触れると容易に皮膚トラブルを引き起こすなどの問題があり,ストーマ装具交換の際には,面板の溶解・膨潤の程度と皮膚トラブルの状態を合わせて観察していきます.漏れが皮膚トラブルに直結しますので,結腸ストーマ以上にストーマの高さや形状・造設位置が重要となります.

 

また,結腸ストーマに比べると排便のリズムをつかむことが難しく,ストーマ装具交換中などに大量の排便がみられることがあります.とくに食直後から一気に排便がみられることがあり,漏れにつながる場合があります.食後の便貯留に注意しましょう.

 


[引用・参考文献]

 

  • 1)宮本和俊.“消化管ストーマの手術と合併症”.小児創傷オストミー失禁管理の実際.溝上祐子ほか編.照林社,2010,23─32.
  • 2)津畑亜紀子.トラブルが起こった時のための指導.消化器外科ナーシング.14(2),2009,178─85.
  • 3)山田陽子.“周術期ケア”.ストーマリハビリテーション 実践と理論.ストーマリハビリテーション講習会実行委員会編.金原出版,2006,166─72.
  • 4)中越亨.“消化管ストーマの種類”.前掲書 3),42─5.
  • 5)日本ストーマリハビリテーション学会編.ストーマリハビリテーション学用語集.第2 版.金原出版,2003.

 


[Profile]
保刈 伸代 ほかり・のぶよ
東邦大学医療センター大森病院看護部/皮膚・排泄ケア認定看護師

 

*所属は掲載時のものです。

 


本記事は株式会社メディカ出版の提供により掲載しています。

 

[出典]『ストーマ術後ケア まるっとわかるQ&A95 病棟での困りごとがこれで解決!』(編著)菅井亜由美/2013年4月刊行

 

ストーマ術後ケア まるっとわかるQ&A95 病棟での困りごとがこれで解決!

 

SNSシェア

看護知識トップへ