主に、鎖骨下静脈や内・外頚静脈に挿入するのはなぜ?|中心静脈栄養法

『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。

 

今回は中心静脈栄養法のカテーテル挿入に関するQ&Aです。

 

大川美千代
群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授

 

主に、鎖骨下静脈や内・外頚静脈に挿入するのはなぜ?

鎖骨下(さこつか)静脈や内・外頚静脈にカテーテルを挿入することが多いのは、容易に中心静脈に達することができるからです。また、長期間にわたって留置していても患者にとって苦痛がなく、運動制限も必要としないという利点もあります。挿入部が不潔になりにくい、静脈切開に対して繰り返し穿刺できるということも、これらの静脈が用いられる理由です。

 

ただし、穿刺に熟練を要し、気胸動脈穿刺、空気塞栓などを起こす危険性もあります。

 

このほか、大腿静脈、尺側皮静脈、橈側皮静脈なども用いられます。

 

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護技術のなぜ?ガイドブック』 (監修)大川美千代/2016年3月刊行/ サイオ出版

SNSシェア

看護知識トップへ