気管挿管の合併症はあるの?

『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。

 

今回は「気管挿管の合併症」に関するQ&Aです。

 

露木菜緒
国際医療福祉大学成田病院準備事務局

 

気管挿管の合併症はあるの?

 

牙損傷など挿管操作中に起こるものや、食道挿管など挿管後に気づくものがあります。バイタルサインの変動をはじめ、常に観察が必要です。

 

気管挿管の主な合併症(表1

表1気管挿管の合併症

 

挿管操作中 損傷
  • 歯牙損傷
  • 口腔、口唇損傷
  • 舌損傷
  • 咽頭、喉頭損傷
喉頭浮腫
  • 嗄声
その他
  • 食道挿管
  • 気管、気道穿孔
  • 咽頭けいれん
  • 気管支けいれん
  • 誤嚥
  • 酸素血症、高二酸化炭素血症
  • 高血圧不整脈、徐脈
挿管操作中
  • 食道挿管
  • 片肺挿管
  • 声門に位置したカフによる声帯損傷
  • 気管支けいれん

 

1歯牙損傷

気管挿管の際には、喉頭鏡や気管チューブで口腔や気管を傷つけることがある。

 

特に、動揺歯に気づいた場合は、絹糸で固定して体内への脱落を予防する、または愛護的に挿管する。

 

動揺歯がある場合には、本数と場所を明記し、確認していく。

 

2嗄声

損傷により、喉頭浮腫や気道穿孔などが起こると、抜管後まで影響を及ぼす。

 

抜管後、嗄声に加え呼吸困難感や呼吸状態不良となった場合、喉頭の評価が必要となる。

 

3食道挿管

挿管操作に時間を要した場合や、食道挿管に気づかなかった場合には、一時的に酸素化が行われない時間が生じるため、低酸素血症となる。

 

挿管後は食道挿管を否定すること、確実に気管に入っていることを複数の方法で確認することが重要である(『気管挿管の方法と介助方法は?図3 気管挿管の確認)。

 

挿管中・挿管後も合併症の有無を観察し、バイタルサインの変動に注意する。

 


[文献]

  • (1)薊隆文,勝屋弘忠:気管挿管法.外科治療2006;94:361-372.
  • (2)天谷文昌,松田愛:気管挿管の手技と注意点.The Lung Perspectives2012;20:27-30.

 


本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。

 

[出典] 『新人工呼吸ケアのすべてがわかる本』 (編集)道又元裕/2016年1月刊行/ 照林社

SNSシェア

看護知識トップへ