脳とはいったいどこを指すの?|脳の構造

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。
今回は「脳の構造」に関するQ&Aです。

 

山田幸宏
昭和伊南総合病院健診センター長

 

脳とはいったいどこを指すの?

といっても、いったいどこまでが脳に含まれるのでしょうか。 

 

脳は1,300〜1,400gの重量で、大変に複雑な機能を持つ臓器です。脳と脊髄を中枢神経といいます。さらに脳は、大脳(左右の大脳半球)、間脳、中脳、小脳延髄に分けられます(間脳、中脳、橋、延髄を脳幹といいます)。

 

脳はちょうどマッシュルームのような形をしており、大脳半球が傘に、脳幹が軸に相当します。小脳は、巨大なマッシュルームの傘の下にくっついている小さなカリフラワーといったところです。 

 

大脳には運動や感覚をつかさどる中枢があり、小脳には運動をつかさどる神経があります。また、脳幹には生命維持をつかさどる中枢があるというように、それぞれに重要な役割を担っています。

 

一般に、脳という時は、大脳、小脳、脳幹を合わせた臓器を指します。

脳の構造

 

 

間脳・脳幹・小脳

 

 

脳の内部構造

 

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』 (監修)山田幸宏/2016年2月刊行/ サイオ出版

この記事をシェアしよう

看護知識トップへ