排泄とは何だろう?

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。

 

〈前回〉

 

大腸が体内で移動しないのはなぜ?

 

今回は「排泄」に関するQ&Aです。

 

山田幸宏
昭和伊南総合病院健診センター長

 

排泄(はいせつ)とは何だろう?

排泄は、様々な生命活動によって生じる不必要な代謝産物(老廃物)、有害な物質を体外に排出する行為です。排泄には、肺から二酸化炭素を排出する呼吸、腸から食べカスを排出する排便、皮膚からの不感蒸泄(ふかんじょうせつ)、発汗などが含まれます。しかし、代謝産物の大部分は、腎臓を中心とする泌尿器系によって排泄されます。

 

代謝によって生じた産物は、血液中に溶け込んで全身を巡った後、腎臓に達します。腎臓で血液から排泄されるべき物質を取り出し、血液を再び清浄な状態に戻して送り返します。この時、老廃物や有害な物質が溶け込んだものが尿です。

 

MEMO不感蒸泄

呼気に含まれる水蒸気や、感知できない程度に皮膚から分泌される汗など。不感蒸泄の量は1日で700〜900mLにも達します。

 

なぜ排泄が必要なの?

私たちの体は、多数の細胞で構成されています。細胞は血液によって届けられた栄養分を燃焼させ、エネルギー源にしています。この時、細胞ですべての栄養分が完全に燃え尽きるわけではなく、いわば燃えカスや燃えさしが生じます。また、細胞が代謝をすることにより、老廃物も生じます。

 

これらは再び血液に戻され、全身を巡ることになります。 これらの不要物や老廃物は体にとって不必要なものですから、そのままにしておくと様々な悪影響が生じます。そのため、何らかの形で体外に排泄する必要があるのです。腎機能が低下すると不要物や老廃物の排泄がうまく行えなくなり、尿毒症(にょうどくしょう)を引き起こします。

 

MEMO尿毒症

腎臓の排泄機能が失われ、血液中に尿素などの尿毒素がたまった状態。倦怠感、貧血高血圧、浮腫、肺水腫などの症状が現れます。

 

〈次回〉

 

腎臓の果たす役割は排泄だけなの?|腎臓の形と役割

 

⇒〔解剖生理Q&A一覧〕を見る

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』 (監修)山田幸宏/2016年2月刊行/ サイオ出版

この記事をシェアしよう

看護知識トップへ