心電図の波形から何が分かるの?

看護師のための解剖生理の解説書『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。

 

[前回]

心音はどのように聴こえる?

 

今回は「心電図波形」に関するQ&Aです。

 

山田幸宏
昭和伊南総合病院健診センター長

 

心電図の波形から何が分かるの?

心電図は、心臓の興奮によって発生する心筋の活動電位を記録したものです。心臓が1回拍動するごとに、P波、QRS波、T波という3つの波形が現れます(図1)。

 

図1心電図波形と刺激伝道系

心電図波形と刺激伝道系

 

 

P波は心房が興奮する時に発生する波、QRS波は心室が興奮する時に発生する波、T波は興奮した心室が回復していく時に発生する波です。描き出された波形から、心臓疾患の有無、疾患の種類などが分かります。 

 

左心室肥大の場合はR波が増大します。狭心症ではST部分が低下し、心筋梗塞ではST部分が上昇するとともに異常なQ波が出現します。また、不整脈がある場合にも心電図の波形に異常が現れます。

 

[次回]

心機能が低下するとどうなるの?

 

⇒〔解剖生理Q&A一覧〕を見る

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』 (監修)山田幸宏/2016年2月刊行/ サイオ出版

この記事をシェアしよう

看護知識トップへ