消化器系(94問)  治療と看護

第101回 午後55問

総胆管結石による閉塞性黄疸と胆管炎とを発症した患者に、内視鏡的経鼻胆道ドレナージ術を行った。ドレナージ術は問題なく終了し、術後24時間の経過は良好である。

正しいのはどれか。
  • 1. 抗菌薬の投与は必要ない。
  • 2. 血清ビリルビン値が低下する。
  • 3. 尿の色が黄色から褐色に変化する。
  • 4. ドレナージチューブをクランプする。
解答・解説を見る

人体の構造と機能

疾病の成り立ちと回復の促進

健康支援と社会保障制度

基礎看護学

成人看護学

老年看護学

小児看護学

母性看護学

精神看護学

地域・在宅看護論(在宅看護論)

看護の統合と実践

必修問題へ

このページをシェア

国試2024 看護roo! 国試 スマホアプリなら問題検索がよりスムーズに!
看護師国家試験過去問題集トップへ