消化器系(94問)  治療と看護

第101回 午前57問

Aさん(54歳、女性)は、排便困難のため外来を受診し、酸化マグネシウムとセンナとを処方された。腹腔内手術の既往歴がある。

Aさんへの指導で適切なのはどれか。
  • 1. 「運動は控えてください」
  • 2. 「下痢が続いても心配ありません」
  • 3. 「おなかの張りが続くようなら、また受診してください」
  • 4. 「旅行をする場合は酸化マグネシウムの内服を控えてください」
解答・解説を見る

人体の構造と機能

疾病の成り立ちと回復の促進

健康支援と社会保障制度

基礎看護学

成人看護学

老年看護学

小児看護学

母性看護学

精神看護学

地域・在宅看護論(在宅看護論)

看護の統合と実践

必修問題へ

このページをシェア

国試2024 看護roo! 国試 スマホアプリなら問題検索がよりスムーズに!
看護師国家試験過去問題集トップへ